ERPがCFOの役割を変える

 2015.05.25  クラウドERP編集部

グローバル標準のクラウドERP

北米における財務責任者(CFO)の役割の変遷

先日開催されたNetSuiteのイベントSuiteWorldの分科会セッションでT>Edward社の代表取締役であるトム・ケリー氏によると、クラウドはCFOを単に過去のトランザクション情報を提供する立場からビジネス上の脅威や戦略の情報を提供する役割へと変貌させる大きな機会であると述べました。

つまりクラウド時代における財務経理部門やその担当者は、集金し、支払いし、報告書を作成するという時代ではないのです。

CFOの主な目標は、経理機能を戦略的価値の中心に発展させることであると同時に、日々の業務を円滑に行うことです。

日々の業務や決済処理など中核的な財務サービスを完璧に遂行されることなしには、さらなる付加価値や戦略的な活動に必要な信頼を得ることはできません。

NetSuite SuiteSuccess 新登場!!

ケリー氏は、このような状況にあるCFOの立場には、日常業務や決算処理を自動化するクラウドが必要不可欠であると述べています。ケリー氏のセッションでの重要な要点の一つですが、彼はT>Edwardでの戦略的かつ運用的なコンサルタント業務経験からの見識を共有しました。彼はFortune500や資金支援のある民間企業にクラウド技術やサービスを提供し、クラウドERPシステムでCFOやCIOとして、多くの経験を積んできました。例えば、彼の提案には24時間継続しておこなわれる決算処理があります。この考えは(懐疑的に思ったのか)聴衆の沈黙を持って迎えられました。NetSuiteがリアルタイムのシステムだという事実と決算処理は常時継続するものであるという発想を受け入れ、T>Edwardの顧客は決算処理を早めるだけでなく、関係者に正確でタイムリーで、場合によってはリアルタイムのデータを提供するように順応させてきました。これはケリーが、クラウドコンピューティング、とりわけNetSuiteがいかにしてCFOの役割を変えるかを説明する際に使用した多くの例の一つに過ぎません。

NetSuiteを導入する企業に対して、ケリー氏がよくするアドバイスがあります。それはシンプルさの追求です。
「実際私が企業に入っていく際、NetSuiteをデフォルトのまま使うよう説得します。デフォルトのまま使えば使うほど、実装は簡単になり、決算も簡単になります」

また、NetSuiteの柔軟性で創造的な問題解決策が可能となることもある、とケリーは付け加えます。ケリー氏が担当した企業の発注担当の責任者は、バスケットボールに熱狂的な方でした。彼女は、NetSuiteのダッシュボードを利用してNCAAバスケットボールトーナメントのスコア表をリアルタイムに表示していました。インターネットで最新の情報を検索して時間を無駄に割かないためには有効な手段でしょう。この例は特別ですが、実際NetSuiteにはたくさんの役割ベースのダッシュボードがあります。社員がやるべき仕事に集中できるように用意されていると、ケリー氏は指摘します。

「彼女は世界で一番効率良く資金を動かしました。チャレンジャー・グレイ・クリスマス社を見てごらんなさい。」とケリー氏は、度々例に挙げられる研究を引き合いに出して言います。この研究では、NCAAトーナメントの時期になると毎年生産性の低下で12億ドル企業に負担をかけていると示しました。

NetSuiteのもう一つの変革力の例は、その会社の会計報告を閲覧することのできる特別な経営ダッシュボードを経営陣に提供した企業でした。

マネジメントは経営会議の前に質問に対する回答を得るだけでなく、自身で回答することもできるのです。
これにより、財務経理部門に何週間もかけて膨大なパワーポイントをまとめさせ、経営会議で質問に答えるために多くの時間を費やすことがなくなりました。マネジメントたちは本来集まった理由に集中し、戦略的方向について議論し、会社に価値をもたらすことができるのです。

さらにケリー氏はNetSuiteであれば毎日の決算も可能であると断言しました。
Expensify SuiteAppというアドオンのアプリケーションを利用することで、ある企業では7人日の節約となり、ペーパーレスの買掛金ワークフローを作成したり、日次決算処理を目的に人々を集中させたりすることができるのです。同じことが銀行勘定調整や勘定支払といった他の経理作業にも言えます。

「工程の一部にすれば、決算処理で行う多くのことが自動化できたり簡素化できたりするのです。固定資産があるならNetSuiteのモジュールでボタンを押せば操作できます」とケリー氏は言います。日次決算処理を取り入れたT>Edward社の顧客の多くにとってビジネスを良い方向へと転換しています。
北米中西部に拠点を置く中規模の小売業者である顧客は、リアルタイムで店舗の収益を確認でき、最終的にはどの広告チャネルがどこで最も機能しているかを追跡できるようになりました。これにより無駄な広告費を削減して効率を最大化することで収益を上げることが可能になっているのです。

[RELATED_POSTS]

NetSuite SuiteSuccess

新たな橋渡し役:デジタル業務を再構築するCFOと財務部門
【ホワイトペーパー】財務マネージャーの本音

RELATED POST関連記事


RECENT POST「財務会計システム」の最新記事


ERPがCFOの役割を変える
ERP(統合基幹業務システム)の導入を成功に導く10のステップ
New Call-to-action
成長企業がこれから12ヶ月で変えていくべき3つのこと

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング

New Call-to-action