ブロックチェーンとは? | 業務ユーザーのためのトレンド講座

 2018.12.11  クラウドERP編集部

グローバル標準のクラウドERP

フィナンシャル(金融)とテクノロジー(技術)を組み合わせた造語として“フィンテック(Fintech)”が近年注目されています。その代表格とも言えるのが“ブロックチェーン”と呼ばれる新しい技術です。これは仮想通貨であるビットコインの中核を成す技術であり、現在ではビットコイン以外のところでも技術活用が広まっています。

例えば「ブロックチェーンとは?メリットを生かしデメリットを排除するOracle Blockchain Cloud Service」でもご紹介したように金融以外の一般的なビジネスの世界でも活用がすでに開始しています。

本稿ではこのブロックチェーンについて初心者でもわかりやすいように解説しますが、理解を深めるためにもまずはビットコインの概要から解説していきます。

ビットコインとは?

ビットコインとは仮想通貨の一種であり、2009年に誕生して以来徐々に浸透しています。ちなみに仮想通貨とはオンラインで使用できるお金のことで様々な種類があります。

たとえば課金要素があるオンラインゲームでは円やドルで支払いをして、ゲーム内で使用できる通貨を購入し、それをゲーム内のお店で使用してアイテムをゲットします。ただしその通貨はゲーム内でしか使用できません。

他にも、Amazonカード等を購入して仮想通貨を手にするという方法もあります。コンビニ等で販売されているAmazonカードを購入しアカウントに登録すると、Amazon内で使用できる通貨が手に入ります。これもAmazonでしか使用できない通貨です。

これらの仮想通貨とビットコインが決定的に違う点は、ビットコインが実際のお金として使用できる点です。オンラインゲームやAmazonの仮想通貨はユーザーを囲い込むためのものです。これに対してビットコインは円やドルのように、ビットコインに対応しているすべてのお店で使用できます。

ブロックチェーンとは?

それでは本題に入ります。ビットコインには円やドルのように通貨を運営する組織が存在しません。そもそもビットコインは2008年中本哲史(Satoshi Nakamoto)という人物がインターネット上に投稿した論文が原典となっており、それからわずか3ヵ月でビットコイン理論を実現するためのソフトウェアがオープンソースプロジェクトで開発されています。つまり中央銀行のような通貨を管理する組織が存在しないのです。

NetSuite SuiteSuccess 新登場!!

管理者が存在しない通貨などリスク以外の何者でもありませんが、ビットコインの整合性を保っているのがブロックチェーンという技術です。ブロックチェーンを「そこに関わるすべての人が使用する台帳」だと想像してみてください。ビットコインを中央で管理する組織がいない代わりに、ビットコインを使用する全てのユーザーの端末にそのデータが分散管理されています。

いわゆるP2P(ピアツーピア)という技術によって金融機関や特別な組織を介さずにユーザー同士でビットコインを管理し合う構造になっているのです。

ブロックチェーンはどんな仕組み?

ブロックチェーンの仕組みは、P2Pによってユーザー同士でシステム管理するだけでなく、他にも次のような仕組みを持っています。

データはリアルタイムに更新されない

ブロックチェーン技術を使用しているシステムでは、複数のユーザーが使用する端末にデータが分散管理されています。そのためビットコインの取引ごとにリアルタイムな更新はできず、10分単位でまとめて承認作業がされるというのが特徴です。つまりビットコインを使用してオンラインショップで商品を購入しても、決済処理がその場で行われるのではなく特定のタイミングで処理されるというイメージです。

ブロックはハッシュ関数で暗号化される

ブロックチェーンでは全てのデータが一つの大きな台帳に記録されており、第三者が他者の記録を確認することができます。一連の取引データとなるトランザクションには「AからBへ、〇月×日にいくら送金された」といったデータが記録されており、具体的な取引内容はハッシュ関数で暗号化されています。そのため取引の中身までは確認できないのが特徴です。

ハッシュ関数とはベースになる文字列から一定文字数が不規則な文字列(ハッシュ)を生み出すための関数です。そのためデータの内容がほんの少しでも違えばまったく違ったハッシュ値が作られるため、ベースになるデータが読み取れないという、不可逆性が高い暗号化技術です。

ブロックチェーンではハッシュ関数によって暗号化されたデータの中から、ナンス値という使い捨てのランダムな数値を見つけ出すことでデータの整合性を保ちます。

新しい仮想通貨が作れる

新しいブロックデータを追加する際に、前回のブロックデータのハッシュ値と今回のブロックデータに含まれるトランザクションおよびナンス値をハッシュ値とハッシュ関数によって暗号化します。この整合性を確認するために膨大な計算が必要になり、これをマイニングといいます。マイニングに成功したユーザーはビットコインによる報酬が支払われるというシステムがあり、つまりコンピューターリソースを活用してビットコインを得たということになります。

すべての取引は公開される

ブロックチェーンを活用したビットコインの取引状況は誰もが確認できるようになっています。10分単位で承認されたブロックデータの取引件数、取引された仮想通貨量、ハッシュ値、前ブロックデータのハッシュ値が確認可能です。ただし、席に先に説明したように取引の中身までは確認できません。

ブロックチェーンのメリット

ここまでブロックチェーンの技術概要や仕組みについて説明しました。では、ブロックチェーン技術による具体的なメリットとは何でしょうか?

中央集権化によるシステムダウンを防ぐ

サービスの管理が一ヵ所に集中することを中央集権化といいます。ブロックチェーンは中央主権化を防ぐ仕組みが整っているので、システムがダウンしません。さらに、多くのユーザーでブロックチェーンを共有するため、特定の管理者による独裁的な管理がされません。

データの改ざんが不可能になる

ブロックチェーンはハッシュ関数によって暗号化されるためデータの改ざんは不可能です。暗号化されたブロックデータを意図的に改ざんすれば、分散したデータとの整合性が取れず不正が明らかになります。

海外送金が安くなる

一般的に海外送金は複数の金融機関を介するため、数千円単位の手数料が発生します。そのため海外企業との取引が多い会社では送金手数料が大きな負担となります。ビットコインは特定の金融機関を介さずにユーザー同士での直接送金が可能になるため、最小限の手数料で送金が可能です。

こうした魅力的なメリットを持つブロックチェーンは、現在様々なビジネスシーンで使用されています。たとえば組織のファイル共有技術としてブロックチェーンを使用するとファイルシステムがダウンしなくなったり、サーバーを設置しなくてもよいのでITコスト削減になっりと色々なメリットがあります。システムセキュリティも向上するので、情報漏えい等の事件を防ぐことが可能です。

ブロックチェーンの今後に注目!

ブロックチェーンの活用は急速に拡大しており、政府機関等もその技術に着目して多くのシステムに取り入れています。一般企業もブロックチェーンの有用性が高いということで、前述したファイル共有システムやその他のITシステムに取り入れています。

皆さんも、今最もホットな技術であるブロックチェーンに着目し、その可能性について考えてみてください。

RPAの数歩先を行く 経理・財務業務のさらなる自動化と自律化

Oracle ERP Cloud とSAP S/4HANAとの比較 (英語)
Oracle NetSuiteで仕事が変わる!会社が変わる!

RELATED POST関連記事


RECENT POST「ERP」の最新記事


ブロックチェーンとは? | 業務ユーザーのためのトレンド講座
ERP(統合基幹業務システム)の導入を成功に導く10のステップ
New Call-to-action
New Call-to-action

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング

New Call-to-action