経営層と営業活動情報の関わり方

経営層と営業活動情報の関わり方

会社の規模は違っても会社の状況を捉え、適切な判断をすることは当たり前のことです。コンパクトな会社の場合、状況を把握することは難しくありません。しかし、関りがある人や会社が増えてくると情報が集まりにくくなります。情報が集約できない状況を生み出しているのは次の 3 つに集約されます。

  • 常に情報を入力しているのではなく、状況によって入力することもしないこともある
  • 情報を入力する仕組みがない。若しくは限られた情報のみを入力している
  • データ同士の連携ができていない、データ分析の基盤がない

情報を入力する習慣が少ない会社の場合、例えば営業担当者が営業活動情報を入力するのが「見積を提示」する段階である会社が挙げられます。

この機会にぜひご確認ください。

資料をダウンロード