なぜ、変化に対応しなければならないのか?

「シンギュラリティ時代」の到来でビジネス環境が激変
加速する非連続なゲームチェンジ、日本企業が今から備えておくべきこと
共催:ネットスイート合同会社、東洋経済新報社

未来は未来が解決してくれるわけではありません。
将来の変化に対応にするために今から準備すべきこととは?

AI(人工知能)が、第4次産業革命を引き起こし、2020年代には人間の知性を超え、やがて、2045年にはシンギュラリティ(技術特異点、コンピュータが人間の知能をも上回る時点)が来るという予測があります。設備の自動化や機械の自律化が進み、全ての産業がデジタルテクノロジーの進化によるトランスフォーメーションの時代を迎えることとなるでしょう。

こうした中、変化のスピードに柔軟に対応できない企業は、突如として淘汰されるということも起こりかねません。混迷した市場、非連続なゲームチェンジが起こりうる時代において、「変化」をピンチと捉えるか、チャンスと捉えるか、経営者、財務責任者の冷静な判断が不可欠となります。

本カンファレンスでは、これからグローバルレベルで起こるビジネス環境の変化を理解し、「なぜ、この変化に対応しなければならないのか」「柔軟に変化に対応するためにいまから何をすべきなのか」などについて、有識者、専門家、イノベーターの講演から考察します。

開催概要

日時:2017年11月8日(水)14:00~16:30 (13:30~ 受付開始)
会場:コングレスクエア日本橋ホールA+B
定員:200名
参加対象者:企業経営層および、経営企画部門、経理・財務部門、事業開発部門、情報システム部門など
参加料金:無料(事前登録制)
共催:ネットスイート合同会社、東洋経済新報社

プログラム内容

14:00‐15:00 基調講演
「2045年シンギュラリティへむけて、産業の構造転換を勝ち抜く企業の条件」

エクスポネンシャル・ジャパン
共同代表、COO
「シンギュラリティ・ビジネス」著者
齋藤和紀氏

プロフィール
早稲田大学人間科学部卒、同大学院ファイナンス研究科修了。シンギュラリティ大学エグゼクティブプログラム修了。2017年シンギュラリティ大学グローバルインパクトチャレンジ・オーガナイザー。金融庁職員、石油化学メーカーの経理部長を経た後、ベンチャー業界へ。シリコンバレーの投資家・大企業からの資金調達をリードするなど、成長期にあるベンチャーや過渡期にある企業を財務経理のスペシャリストとして支える。エクスポネンシャル・ジャパン共同代表、Spectee社CFO、iROBOTICS社CFO、ExOコンサルタント
15:00-15:10 休憩
15:10-15:50 テーマ講演
「Next Starts Now, 今後の経営基盤で備えるべきこと、今クラウドERPで準備できること」

ネットスイート合同会社
オラクル+ネットスイートグローバルビジネスユニット

マーケティング本部 ディレクター
内野彰氏

プロフィール
1996年日本電信電話株式会社(NTT)入社、インターネット初期の法人向け製品サービス企画に従事。2000年マイクロソフトにて、Windows Serverプロダクトマーケティング、VoIP, IM, Videoといったロケーションベースのマルチモーダルコミュニケーションエリアの事業開発に携わる。その後、インメモリーHA DBカンパニー Solid Information Technology2007年にIBMに買収)のカントリーマネージャーを経て、2008年よりNetSuiteに入社、マーケティング本部長として、マーケティング、パブリックコミュニケーションを統括、クラウドERP活用によるユーザー企業の経営変革の推進している。
15:50‐16:30 事例講演
「劇的な市場変化におけるPeachのチャレンジとその成果」

Peach・Aviation株式会社
経理部
財務会計課マネージャー
三牧達也氏

プロフィール
1977年生まれ。公認会計士。農学修士。
2005年12月、監査法人トーマツ入社。主にIPO支援・ベンチャー支援に携わる。2011年8月、Peach・Aviation株式会社入社。財務会計マネージャーとして、日本初LCC事業のスタートアップに貢献。趣味のランニングではサブスリーを達成。

お問い合わせ

株式会社東洋経済新報社 コミュニケーション事業部
TEL: 03-3246-5599
Mail:m-akao@toyokeizai.co.jp

本セミナーは想定定員を上回る多数申し込みをいただきました為、締め切りとさせていただきました。
たくさんのお申込みありがとうございました。