Sea to Table

漁場と厨房をつなぐ仕組み

Sea to Table

継続的に地元の漁師と高級レストランをつなぐために2005年にカリブ海の島トバゴで創業されたSea to Tableは、順調に拡大を続け、今や24を超えるアメリカの港からトレースできる形で、天然の国産シーフードを新鮮な状態または冷凍で1,000を超えるレストラン、カフェテリア、大学の食堂のキッチンへと届けています。

ミッションを維持しながら成長を管理する

  • カリブ海からアラスカ、ニューヨークへ
  • お客様に合わせた顧客体験を作り上げる
  • フレキシブルでスケーラブルなシステムは結果を生む
  • トレーサビリティとサステイナビリティの確保

この機会にぜひご確認ください。

資料をダウンロード