5 分でわかる調達部門の強化策

ITを活用して調達業務を変えることがまずやるべきことである理由をご説明します

5minutes-modern-procurement

さまざまな業種において、企業は今の経済状況に対応するため、コスト削減やリスク管理の方法を模索しています。経営陣は「見える化」を実現するために社内の連携を高め、経営判断に必要な分析能力を向上させる施策を強化しています。また直接的に「コスト削減」への取り組みとして調達業務に注目して購買コスト削減や取引先とのリスク低減も図るようになりました。ところがマニュアルでの労働集約型の業務スタイルや過剰なコーポレートガバナンスの強化が作業時間の浪費を生み、逆にコストの増大やリスクが見えづらくなるといった弊害をもたらすケースもでてきました。


そこにITテクノロジーへの適切な投資、特に調達部門における取引業務の自動化を行い、取引先との取引ルールを順守しつつ、調達データを集計できるシステムが導入できれば、会社全体の支払総額を抑えて取引先に関するリスクを予見できるようになります。さらにこれらを短時間に実行できるようにすることで、より価値のある活動にリソースを投じられるようになります。


このテーマに5分ほど時間をいただき、なぜ調達業務を変えることが企業にとって「必要かつ真っ先に取り組むべきこと」なのかをお話しします。

資料をダウンロード