電子帳簿保存法とそのための会計システムについて

電子帳簿保存法とそのための会計システムについて

「電子帳簿保存法」とは、1998年に制定された法律です。特定の文書・書類を電子的に保存することを認めた「e-文書法」が2005年に施行されたことに伴い、電子帳簿保存法も改正され、これまで認められなかった紙の国税関係書類の電子ファイル保存が認められるようになりました。

対象となる帳簿、書類:

  • 【帳簿】
    仕訳帳、現金出納帳、売掛金元帳、買掛金元帳、固定資産税台帳、売上帳、仕入帳、経費帳などの国税関係帳簿
  • 【帳簿】
    棚卸表、貸借対照表、損益計算書などの決算書
    注文書、契約書、見積書、納品書、領収書、請求書、預金通帳、小切手、約束手形など証憑書類の控え詳しくは国税庁のHP等をご参照ください。以下に帳簿書類の保存化の取り組みについての資料のURLを記載します。
この機会にぜひご確認ください。

資料をダウンロード