国内クラウドERP利用実態調査レポート:矢野経済研究所

現代の中堅・中小企業が生き残るためには?

国内クラウドERP利用実態調査レポート:矢野経済研究所

中小企業は複雑でめまぐるしく変化する競争環境の中で勝ち残りを迫られています。少子高齢化、国内市場の減少、業界内での競争の激化、大企業の海外シフトなどにより生き残りがさらに難しくなってきています。

特に、中堅・中小企業の事業の存続と成長を目指すためには自ら戦略的にシナリオを描き、正しい方向へ舵取りを進めることが重要で、そのテーマとしては、発展的な事業継承、M&A、海外展開などがあげられます。

中堅・中小企業の基幹システムに求められることは?

自社の成長を促すためには自社の現状を正しく見極めるために新鮮で明確な裏付けのあるデータは極めて重要なことです。そのため、特に基幹システムには、

  • 変化に柔軟に対応ができること
  • 迅速に導入ができ、導入後の維持管理の負担が少ないこと
  • 経営実態の分析と把握が行えること

などが成長の促すために持ち合わせていることが大切です。
本レポートはこれらのテーマへの対応を図る中堅・中小企業に向け、経営を支援する情報システムのあり方について株式会社矢野経済研究所の小林明子氏に考察していただいています。


book.png

資料ダウンロード

資料をダウンロード