多拠点海外現法経営見える化の勘所と進め方 | クラウドERP実践ポータル

多拠点海外現法経営見える化の勘所と進め方

~クラウド活用で本当に小さく始める経営管理レベルの底上げ手法~

多拠点海外現法経営見える化の勘所と進め方

日本企業の海外進出が活発化している昨今、国外に多くの拠点を持つ企業から「現地の経営状況を迅速に把握できず、問題への対応が遅れがち」、「現地の人的リソースが不足しており、管理レベルを高めるための工数を確保できない」など、現地法人の経営管理に関してさまざまな悩みが聞かれます。

本資料では、海外に多数の現地法人を抱える企業がグローバル経営管理を高度化するためのアプローチと、現地法人も含めた経営管理を効率化するオラクルのクラウド型管理会計・予算管理システム「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」の特徴・活用メリットについて、企業経営に関するさまざまな課題の解決を支援しているアットストリームコンサルティングの安達悟志氏と渡邉亘氏が解説します。

この機会にぜひご確認ください。

資料ダウンロード