グローバル経営基盤で「攻め」に転じるミスターミニット | クラウドERP実践ポータル

グローバル経営基盤で「攻め」に転じる
ミスターミニット

グローバル経営基盤で「攻め」に転じるミスターミニット

日本を含むアジア5カ国に靴修理店を展開する「ミニット・アジア・パシフィック」は、4つある海外子会社の決算処理を毎月手作業で行っていた。
増え続ける作業負担を改善し、より戦略的な業務に邁進するため、「Oracle Fusion Cloud Enterprise Performance Management( EPM)」を導入した。
同社のキーマンが語るグローバル連結経営管理における課題と解決策とは。

この機会にぜひご確認ください。

 

資料ダウンロード