日本メクトロンが「年間2,500時間」の業務改善で選択した販売管理の仕組み | クラウドERP実践ポータル

日本メクトロンが「年間2,500時間」の
業務改善で選択した販売管理の仕組み

日本メクトロンが「年間2,500時間」の業務改善で選択した販売管理の仕組み

電子部品製造・販売を手がける日本メクトロン。カスタム品を受注販売するビジネスモデルゆえ、それぞれの品種の販売に関する予実管理が煩雑で、業務効率化に課題を抱えていました。

同社はいかにして Excelでの手作業に依存した予実管理業務の標準化とシステム化を進めたのか。その理由を同社 経営管理本部の加藤 貴史氏にお答えいただきました。

この機会にぜひご確認ください。

資料ダウンロード