クラウドERPによる、変化に強いIT基盤構築の実現に向けて
-そしてその実現による価値は-

 2020.11.05  クラウドERP編集部

近年、IT利活用の巧拙が、経営・事業に与える影響は、益々大きくなってきております。

一方、多くの企業において、アナログな業務要件をそのまま取り込んだ結果、複雑化し拡張性が低下したレガシーシステムや、パッチワーク的にSaaS製品を導入した結果、データの分散・連携の非効率化を招き、ガバナンスも脆弱となったシステム構成が、変革の大きな壁となっています。

このような背景の中、リモートワークの実現に留まらず、継続的な業務プロセス改善による生産性の向上、事業成長に柔軟に対応する変化に強いIT基盤構築の実現に向け、クラウドERPへのリプレイスを検討する企業は増加しています。

本セミナーでは、クラウドERPによってもたらされる価値の本質や、導入を判断する上で必要となる検討ポイント、導入時の主な留意点を、方法論や具体的な事例を交えて解説します。

開催日時 2020年12月14日(月) 14:00 - 15:00(開場 13:50)
申込期限 2020年12月10日(木) 12:00
開催形式 Zoom Webinar
アジェンダ
  1. クラウドERP導入の検討ポイント、留意点
  2. クラウドERPの導入価値を定量的に判断する Value Assesment の適用 
特別講師 ハイブリィド株式会社 代表取締役CEO 中山大輔 様
その他
  1. 申込締切後の参加申込は受け付けておりません。
  2. 都合により日程の変更などがある場合がありますので、予めご了承ください。
  3. 誠に勝手ながら、既にNetSuiteを導入されている企業様、日本オラクル関係者からのお申込みは受け付けておりません。
    また、お申込みいただいた方ご本人以外の方のご参加、及び競合企業の方からのお申し込みはお断りする場合がございます。
    何卒ご了承ください。
お申し込み/詳細 詳細はこちら
お問い合わせ窓口 日本オラクル株式会社
星 浩二 koji.hoshi@oracle.com