リスクマネジメントとは? 導入する際に企業が理解すべきプロセス・手法について

 2019.02.13  クラウドERP編集部

グローバル標準のクラウドERP

近年、ビジネスの場でよく耳にする「リスクマネジメント」とは、どのような意味を持つのでしょうか。企業活動を安全に進め、取引先や顧客、従業員全体の信頼を得るためには、企業はリスクマネジメントを怠ってはなりません。

そこで今回は、リスクマネジメントの内容や具体的なリスクに触れたうえで、その手法・プロセスについて順を追って解説していきます。

what-is-risk-management

「リスク」とは何か?

「リスク」という言葉は一般的に使用されるビジネス用語なので、その意味をなんとなく理解している方は多いでしょう。しかしながら、「リスクとは何ですか?具体的に説明してください」と言われて説明できる方は少ないかもしれません。リスクマネジメントについて理解するためには、まずリスクとは何かを理解するところから始まります。

リスクの定義についてはプロジェクト管理に関するノウハウや手法を体系立てて説明しているガイド「PMBOK(Project Management Body of Knowledge)」を発行している米プロジェクトマネジメント協会の定義を参考にしてみましょう。それによるとリスクとは「少なくとも1つのプロジェクト目標に影響を与える不確実な事象」あるいは「プロジェクトにプラスの影響を与える可能性のある不確実なもの」と定義されています。

つまりリスクとは、プロジェクトや日常的な業務に対して何らかの影響を与える可能性がある不確実な要素を指します。その影響はプラスなものであったりマイナスなものであったりと様々です。ただし一般的に、リスクマネジメントでは「マイナス影響を与える可能性がある不確実な要素」を指す場合がほとんどでしょう。

リスクマネジメントとは?

企業が経営活動を続けていく中では、さまざまな部分に「リスク」が存在します。これらのリスクにはどのようなものがあるのかをあらかじめ想定し、実際にリスクが起こったときに、その被害や影響を最小限に抑える必要があります。この考え方や手法のことを「リスクマネジメント」といいます。

リスクマネジメントを軽視すると、何らかの脅威に直面したとき、企業は適切な対処を実施することができません。自社の事業のみならず、取引先や顧客、ひいては社会全体に影響を広めてしまう恐れがあるため、企業は経営管理手法の一つとしてリスクマネジメントを重視していく必要があります。

リスクマネジメントが重要となった背景とは

リスクマネジメントという考え方は、近年ビジネスの場において非常に重視されています。重視されるに至った背景には、時代の流れや技術の発展とともに社会のあり方が変化してきたことが挙げられるでしょう。

では、具体的に、リスクマネジメントはどのようなきっかけ・経緯から重視されるに至ったのでしょうか。そこには、昨今、社会全体が抱える課題ともいえる二つのポイントが関係しています。

一つ目は、社会全体の環境がIT化によって変化し、ビジネスの場でもアウトソーシング化が進んだことが挙げられます。自社だけでなく、さまざまな事業者が業務に関わるようになったため、その分情報漏えいなどのリスクは以前よりも高まったといわざるを得ません。アウトソーシング化が活発になったのは、いうまでもなく、近年のネットワーク技術の発展が影響しています。

二つ目のポイントとして注目しておきたいのは、企業の不正や不祥事が近年頻発していることです。食品メーカーが食品偽装を行ったり、従業員が会社の機密情報を不用意にSNSにアップしたりなど、さまざまな不正行為・不祥事が取り沙汰されています。不正・不祥事が生じれば企業は大きく信頼を失うことになり、事業縮小や撤退も十分起こり得るでしょう。

これらの理由・背景が影響することで、リスクマネジメントはビジネスの場において重視されるに至ったのです。

リスクマネジメントにおける5つのリスク

リスクマネジメントを実施するためには、実際にどのようなリスクがあるのかを企業はあらかじめ認識しておく必要があります。具体的なポイントとして、リスクマネジメントにおける重要な5つのリスクを整理していきましょう。

  • コンプライアンス違反
  • ネットワークやシステムの障害
  • 製品のリコール
  • 地震や台風などの自然災害
  • 景気や経済による市場の変化

 

まず、コンプライアンス違反とは、法令遵守の観点から見た違反行為にあたります。事業を行う際には、法令や倫理を無視するような事件・事故を起こす可能性があることを企業は自覚する必要があります。例えば、商品の盗作問題は著作権法違反にあたるリスクがあり、食品偽装は食品衛生法に抵触します。

また、多くの企業は事業に必要なものをコンピューターで管理しています。そのため、ネットワークやシステム障害のリスクには注意する必要があります。加えて、業務遅延・停止は地震や台風などの自然災害が要因となって起こる場合もあるため、自然災害というリスクに対する備えも不可欠です。

メーカーにとっては製品のリコール問題も重大なリスクです。製品のプログラムや部品に問題が発生し、リコールによって業績が大幅に悪化したメーカーも少なくありません。

そして、どのような業種・業態の企業にとっても、景気や経済の影響による市場の変化は大きなリスクとなります。2020年の新型コロナウイルスの感染拡大によって国全体で消費が縮小し、影響を受けた企業は数多く存在します。

 

リスクマネジメントの具体的な手法・プロセスとは?

リスクマネジメントの実施には、具体的な手法やプロセスを理解しておく必要があります。順を追って、リスクマネジメントの方法を整理していきましょう。

自社のリスクを理解する

リスクマネジメントは、実際にどのようなリスクが業務の中に潜んでいるのかを洗い出すところから始まります。上述した5つのリスクは重大なリスクとして参考になりますが、具体的なポイントとして、どのようなリスクがあるのかは企業によって異なります。

自社の業務内容に基づき、まずは細かく具体的にリスクを整理していきましょう。ちなみにこのとき、リスクマネジメントの担当者のみがリスクを挙げるだけでは、現場ならではの視点を持てない可能性があります。部門ごとに代表者がミーティングに参加し、現場の意見も取り入れながらリスクを見つけていくことが大切です。

特定したリスクの分析を行う

つづいて、あらゆるリスクのリストアップが終わったら、それぞれのリスクについて具体的な分析を行っていく必要があります。リスクごとにどのような影響があるのか、実際の発生確率はどの程度なのかなどを考えたうえで、それぞれの重要度を認識していきます。

当然ながら、影響が大きく、発生確率も高いリスクこそが対策を講じておくべき重大なリスクといえます。場合によっては取引先や市場の変化などが影響することにより、冷静なリスク分析が難しい場合もあるかもしれません。そのときは、各担当者を立ち会わせるなど、より多角的な視点で分析を行っていく必要があります。

リスクそれぞれに重要度の評価をつける

分析が終わったら、リスク一つひとつの重要性が見えてくるはずです。リスクの分析結果を一覧で見える状態にして確かめ、重要度の評価づけを行いましょう。重要度が高い順に並べ替えたり、グラフに表したりすることで、日常的にどのようなリスクに注意する必要があるのかが見えてきます。また、重要度の評価についても、客観的な視点を持つことを忘れず、各担当者の意見を取り入れることはとても重要なことです。

具体的なリスク対策を立てて実行する

評価づけを行えば、早急に対策を立てる必要があるリスクが明確になってきます。「リスクマネジメントを…」となっても最初は何をすれば良いのかわからないことも多いでしょう。このような順序でリスクを整理したうえで、一つひとつ具体的な対策・ルールを策定し、実行していくことが大切です。

まとめ

リスクマネジメントは、企業がさまざまなリスクと向き合ううえで重要なプロセスになります。事業を進める際には、多かれ少なかれ企業はリスクと直面することになるのが基本です。近年はネットワーク技術の進歩や働き方の見直しにより、現代ならではのリスクも増しています。各担当者の考え方・意見をしっかりと取り入れたうえで、リスクマネジメントを適切に実施していきましょう。

NetSuite SuiteSuccess

RELATED POST関連記事


RECENT POST「企業経営」の最新記事


リスクマネジメントとは? 導入する際に企業が理解すべきプロセス・手法について
最重要ミッションは「経営への貢献」経理・財務部門が10年後も生き残る方法
【事例】あきんどスシロー

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング

New Call-to-action