製造業と親密に関わるSDGsとは? プロセスごとに取り組み方を解説

 2022.04.04  クラウドERP実践ポータル

グローバル標準のクラウドERP

SDGsの目標期限である2030年まで残り10年を切ったいま、社会の経済活動を支える民間企業にはより一層積極的な取り組みが求められています。本記事では、SDGsとは何かという基本事項からはじめ、そこに製造業がどのように関わってくるのか、そしてものづくり現場はどのようにSDGsに貢献できるのかについて、プロセスごとの取り組み事例を挙げながら解説します。

SDGsとは?17の目標を紹介

「持続可能な開発目標(SDGs)」とは、2030年までにすべての人々が平和と繁栄を享受できるような世界をつくるために2015年の国連サミットで採択されたグローバルな行動目標です。SDGsは17の大きなゴールと、169のターゲットから構成されています。SDGsにおいては、あらゆる貧困や差別をなくし、地球環境を守り、社会、経済、環境のバランスが取れた持続可能な世界をつくることを理念としています。SDGsにおける17の目標は以下の通りです。

  1. 貧困をなくそう
  2. 飢餓をゼロに
  3. すべての人に健康と福祉を
  4. 質の高い教育をみんなに
  5. ジェンダー平等を実現しよう
  6. 安全な水とトイレを世界中に
  7. エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  8. 働きがいも経済成長も
  9. 産業と技術革新の基盤をつくろう
  10. 人や国の不平等をなくそう
  11. 住み続けられるまちづくりを
  12. つくる責任 つかう責任
  13. 気候変動に具体的な対策を
  14. 海の豊かさを守ろう
  15. 陸の豊かさも守ろう
  16. 平和と公正をすべての人に
  17. パートナーシップで目標を達成しよう

https://www.unic.or.jp/activities/economic_social_development/sustainable_development/2030agenda/

これらの目標達成のためには、国家機関だけでなく、官民の区別や規模の大小を超えたあらゆる組織、あらゆる個人の協力が不可欠であると言われています。

不確実が高まる中で求められる製造業の「企業変革力」
「データドリブン経営」を成功に導く環境整備

製造業がSDGsに取り組む重要性

SDGsは製造業とも密接に関わりがあります。たとえば、先に挙げたSDGsの17ある目標のうち、製造業と特に関わりが深いものとしては、「7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに」「8 働きがいも経済成長も」「9 産業と技術革新の基盤をつくろう」「12 つくる責任 つかう責任」「13 気候変動に具体的な対策を」などが挙げられます。

製造業はその事業活動において大量の資源やエネルギーを消費することを不可避的に伴うものです。実際、環境省監修の「日本国温室効果ガスインベントリ報告書」によれば、2019年度に日本で排出された二酸化炭素の23.5%が製造業および建設業由来であるとされています。二酸化炭素の大量排出が地球温暖化に影響を与えている可能性があることは、もはや説明するまでもないでしょう。

https://www.nies.go.jp/gio/archive/nir/jqjm1000000x4g42-att/NIR-JPN-2021-v3.0_J_GIOweb.pdf

このように、現代の大量生産・大量消費社会において、製造業が与える環境負荷は非常に大きいと言えます。そのため、消費者や投資家は、原料の調達から製品の廃棄後まで含めて、その企業・製品が如何に環境に配慮しているかに関心を高めています。いまや製造業には、単に製品を開発・生産するだけでなく、SDGsに取り組むことが社会的責任(CSR)として求められているのです。

製造業としてSDGsに取り組むメリット

SDGsへの取り組みというと、一方的に企業等への負担を強いられているような印象を受ける方もいるかもしれません。しかし、SDGsに取り組むことは企業側にとってもメリットがあります。

まず挙げられるのは、自社のイメージアップ効果です。国際目標として社会からの関心の高いSDGsに着手することで、「社会的責任を果たしている企業」として消費者や投資家から良い印象を持たれやすくなります。

次に挙げられるのは、競合他社との差別化ができることです。類似した製品が大量に溢れる現在の市場において、消費者は購入の決め手として、製品に何らかの付加価値を求めています。この点、「環境に配慮した製品」あるいは「SDGsに取り組む企業の製品」という特性は、自社製品と他社製品の違いを際立たせる大きな要素になりえます。

SDGsに取り組むことはキャッシュフローの改善につながる効果もあります。近年では「ESG投資」といって、SDGsなど、健全な社会貢献への取り組みを投資する際の評価指標として活用する手法が広がってきています。つまり、SDGsに取り組み、その実績を積極的に社会にアピールすることで、ステークホルダーとの長期的な信頼関係を築けるばかりか、ファイナンス面で有利になる可能性があるのです。

【プロセス別】製造業におけるSDGsの取り組みを抜粋

上記のように、SDGsは大企業・中小企業問わず製造業が取り組むべき社会的責任です。企業がSDGsに取り組む際には、本来の事業活動の延長線上にSDGsの要素を取り入れるのが効果的です。そこで続いては、製造業のものづくり現場のどの部分にSDGs要素を取り入れていけばよいのか、具体的な取り組み事例を紹介します。

企画・研究における取り組み

製造業におけるSDGs事例その1は企画・研究段階における取り組みです。たとえば食品製造業であれば、SDGsの目標2「飢餓をゼロにする」を目標に掲げて企画・研究を行えます。貧困による世界の栄養不足人口は未だ8億人を超えています。また、相次ぐ異常気象などにより、現在の食糧需給は不安定になりがちです。
https://www.maff.go.jp/j/shokusan/sdgs/goal_02.html

栄養素が高く、コストの低い商品を開発し、その安定供給が可能になれば、こうした多くの人の生存に関わる問題を解決するための一助になりえます。また、食料を無駄に廃棄しないように、仕入れ量の最適化を行うといった地道な取り組みもSDGsの達成のためには重要です。

製造現場、労働環境全般における取り組み

製造業におけるSDGs事例その2は労働環境全般における取り組みです。これはSDGsの目標8「働き甲斐も経済成長も」を目指す活動と言えます。SDGsへの取り組みは環境保護のような対外的な活動ばかりではありません。自社の従業員が働き甲斐を持って安心して働き続けられる環境を整えることも立派なSDGs活動です。

従業員の労働環境と自社の経営状況の両面を改善できる具体例としては、長時間労働の是正が挙げられます。ERPなどのIT技術を用いた業務効率化を実施し、時間外労働を削減することで、従業員のワークライフバランスの適正化や自社へのエンゲージメント向上を実現させることができます。これにより、人件費の削減や生産性の向上を図ることが可能です。

生産管理における取り組み

製造業におけるSDGs事例その3は、生産管理における取り組みです。これはSDGsの目標12「つくる責任 つかう責任」を適切に果たすために行います。たとえば、原料の調達において絶滅が危惧される動植物や環境負荷の高い原料は使用しないなどの取り組みによって、SDGsに寄与できます。

また、製造プロセスにおいて付近の河川などを汚染していないか、廃棄後の製品が土壌を汚染しないかといった観点も重要です。原料の調達量や製品の生産量を適正に管理し、資源の無駄遣いを防ぐことも欠かせません。こうした生産管理・在庫管理においてもERPや倉庫管理システムなどのITツールの活用が効果的です。

持続可能な社会実現のためのクラウドERPなら「NetSuite」

SDGsを達成するための鍵として注目されているのが、ITツールの活用です。すでに触れたように、SDGsを推進するためには、従業員も含んだ自社の資産の適正な管理運用が欠かせません。

たとえば、RPAのような業務の自動化・効率化を可能にするツールを導入すれば、単純な反復作業をコンピューターに任せて業務効率化を行い、従業員の労働時間の削減や生産性の向上が見込めます。また、ERPのように自社の「人・モノ・金」の情報を一元管理できるツールを活用すれば、財務データや在庫データをはじめ、二酸化炭素排出量などの非財務データも広範に吸い上げて自社のSDGsの取り組みを可視化することが可能です。こうした機能を持つ「NetSuite」は持続可能な社会を実現するために役立つクラウドERPです。SDGsに取り組むためのITプラットフォームとして、ぜひ導入をご検討ください。

まとめ

SDGsとは、環境問題や貧困問題、労働問題など世界を取り巻く数々の問題解決に取り組み、持続可能な社会を実現するための目標です。大量の資源を消費して製品を社会に供給する製造業は、SDGsへの積極的貢献が特に求められる分野のひとつです。
自社の事業を発展させつつ効率的にSDGsへ取り組むためには、ITツールの活用がおすすめです。SDGsへの貢献につながるIT基盤として、クラウドERPシステム「NetSuite」の導入をご検討ください。

OracleNetSuiteで仕事が変わる!会社が変わる!

RECENT POST「経営/業績管理」の最新記事


経営/業績管理

非財務情報に関する企業の取り組みとは?ESG経営との関係を解説

経営/業績管理

マテリアリティ(重要性)とは?企業が知っておくべき設定方法

経営/業績管理

環境適合設計とは?導入するメリットはあるのか

経営/業績管理

esgスコアとは?注目されている背景についても解説

製造業と親密に関わるSDGsとは? プロセスごとに取り組み方を解説
デジタルトランスフォーメーションの本質とは?【特別インタビュー】
動画で学ぶクラウドERP

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング

New Call-to-action
必見!本音で語るERP導入パートナー座談会 NetSuiteの真実と成功のポイント