製造業の課題とクラウド活用(食品・飲料メーカー編)

 2015.07.22  クラウドERP編集部

グローバル標準のクラウドERP

食品飲料メーカーの課題:欠品や過剰在庫による経営の圧迫

食品および飲料を扱うメーカーと販売会社は、一般的な製造事業者とは違う特別な事情があります。それは他の製品とは違いエンドユーザー内で完成することがないという違いです。

この点は食品および飲料メーカーと販売会社に大きな負担を強いています。製造工程から製造、レシピ、梱包、加工・流通過程を管理し、追跡するという負担です。その負担には、米国食品安全近代法(FSMA)などの多くの外部基準のニーズを満たさなければならないという点も含まれています。

このような食料や飲料メーカーは、腐敗しやすい商品を扱うため欠品や過剰在庫が企業の業績を大きく圧迫します。つまり、欠品や過剰在庫を徹底的に防ぐことが重要であり、正確な需要予測が可能なリアルタイムデータが必要不可欠です。メーカーは、商社などの取引事業者と商品全ライフサイクルにわたり監査やロットの追跡、シリアルナンバーなどについて連携を取る必要があります。内部的にはメーカーや販売事業者は、共通のプラットフォームを通じて、コンテナやパレット、ロケーション、予測、スケジューリングなど関係者とユニットレベルのデータを共有する必要があります。

NetSuite SuiteSuccess 新登場!!

しかし、残念ながら多くの伝統的な食品や飲料メーカーは、システム化されていない古い工程でこれらのデータを生成する必要があります。その一方で新興企業は、成長にあわせて拡大可能な柔軟性の高いシステムを活用しているのです。

変化の激しい食品医療業界には変化に強いクラウドで対応

現代社会においてクラウドベースのシステムが進むべき道の答えを与えてくれています。つまり製造や販売事業者がクラウドに移行する時代が来たのです。一例を挙げるなら、クラウドベースのビジネス管理システムは"バージョンロック"を回避することができます。オンプレミスシステムではアップグレードのたびに膨大な確認作業が必要でしたが、カスタマイズ可能なクラウドerpにより、それらの作業が必要なくなりました。

クラウドのアップグレードは年に複数回ありますが、カスタマイズ化したアプリケーションにおいても自動でアップグレード可能です。これにより企業は常に最新の状態で業務システム基盤を利用できるのです。さらにクラウドベースのシステムを利用するメーカーおよび販売会社は、瞬時にシステムの拡張に対応可能なクラウドにより、以前は見逃しがちだったチャンスを逃さずにすみます。また、クラウドベースシステムにより業界全体に広がる混乱、例えばEコマース化が進むB2Bビジネスおよびグローバル成長といったことから、複雑性が増しているサプライチェーンおよびロジスティクスといったことにまで対応することができます。

栄養食品メーカーであるProBar社は、ビジネスを順調に拡大させており、その成長をNetSuite が支えています。古いオンプレミスシステムに頼っている食品および飲料メーカーと販売会社は大きな困難に直面しているケースが多く見受けられます。インターネットの出現により、お客様へ直接商品を配送したり、新たな市場やビジネスモデルを始められる大きなチャンスが生まれました。そして、顧客は素材や添加物などの原料に、更にセンシティブになりつつあります。保存のきく食品、また驚くほど増えている食物敏感性というような遺伝子組み換えなどへの関心の高まりもあります。

[SMART_CONTENT]

食品飲料メーカーでは業務全体を可視化することが重要

その結果、食品や飲料メーカーは大きな影響を受けるでしょう。どの企業も商品リコールはされたくありません。しかし現実問題としてリコールは発生する可能性もあります。もしリコールが発生した場合には政府や関係機関、そしてお客様に対して製造過程などの情報を開示する必要がでてくるでしょう。このような情報をトラッキング可能かつ変化や拡張性に長けたシステムが変化の激しい食品や飲料業界には必要不可欠といっても過言ではないのです。

NetSuiteは、製品の開発から提供までサプライチェーン全体にわたるトレーサビリティや可視性と管理を行い廃棄物とコストの削減に貢献するとともに厳しい納期や品質要求への対応を可能にします。

[RELATED_POSTS]

NetSuite SuiteSuccess

Oracle ERP Cloud とSAP S/4HANAとの比較 (英語)
Oracle NetSuiteで仕事が変わる!会社が変わる!

RELATED POST関連記事


RECENT POST「ERP」の最新記事


製造業の課題とクラウド活用(食品・飲料メーカー編)
ERP(統合基幹業務システム)の導入を成功に導く10のステップ
New Call-to-action
成長企業がこれから12ヶ月で変えていくべき3つのこと

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング

New Call-to-action