クラウド型ERPで海外現法の標準化を目指す!4つの手法と最適解

 2021.05.20  クラウドERP実践ポータル

海外現地法人の標準化に着手していますか。海外現地法人は地理的特性上現地任せにしている企業が多いことから、効率のよりメリットの創出に苦労する企業が後を立ちません。現地法人を標準化したいという意思とは裏腹になにをすればよいかわからない企業が多いのが現状です。

今回は海外源氏法人が標準化されないデメリットから基幹システムの展開、ERPを導入することの特徴について紹介し、クラウド型ERPによる標準化について詳細に解説します。

クラウド型ERPで海外現法の標準化を目指す!

海外現地法人が標準化されないことによるデメリット

海外現地法人が標準化されないことで、効率化やシステムの最適化ができないこと、また業務のノウハウが蓄積されないなど、多岐にわたるデメリットが存在しています。詳細について順に解説していきます。

業務プロセスやIT化による効率化ができない

海外現地法人が行純化されないことで、業務プロセスやIT化などの効率化が難しくなります。そもそも現地法人によって、業務プロセスや管理のポイントが違ってくるため、本社からの指示・指導を的確に遂行することが難しいというのが現実です。

また、現地法人の管理がずさんになっており、現地任せにしていることも多くまず管理することができていないケースなども考えられます。
このような事態を放っておくことで、業務プロセスの効率化やIT化を行うことが難しい状態に陥り、結果的に効率が悪くなるという悪循環を招いているのが現実です。

情報システムの最適化ができない

現地常人によって新しい基幹システム、旧式の基幹システムが存在していることによって、情報システムは統一化されていない状態でとどまってしまいます。情報システムの仕様が本社と現地法人でバラバラな状態はグループを横断した運営に支障をきたします。

これはグループ全体の情報システムの最適化が難しい、あるいは遅延する原因の一つです。最適化が進まない以上、IT設備投資だけではなく、運営コストが無駄に膨らんでいく一方となります。
最適化するためにシステムは統一されていることが望ましく、コストの面でもコミュニケーションの面でも情報システムの最適化は必要な事項と言えるでしょう。

業務のノウハウが蓄積されない

現地法人の人材に頼り切りの業務は属人化を招き、その人材が流出した際にノウハウなどが失われ企業にとっての損失にしかなりません。業務のノウハウが蓄積されていれば、人材を維持することに重きを置くことや確保に奔走する必要はなく、誰かが退職する、あるいは引き抜きにあったとしても業務の継続性は担保されることになります。

これらはすべて標準化されていないことが原因となります。標準化されていれば上記のような事態が起こったとしても、ノウハウを引き継いだ別のスタッフが継続して業務にあたることが可能になるため、属人的なスタッフの配置ではなく、人材の有効的な配置が可能となるのです。

現状の基幹システムの展開パターンは4つ

現地法人への基幹システム整備にあたって、日本企業が行っている基幹システムの展開方法には4つの代表的な方法があります。まずは以下に列挙し、その後それぞれの特徴を解説します。
  • 本社のシステムをそのまま現地法人に展開する
  • 本社のシステムをベースに、現地法人ごとにカスタマイズする
  • 現地法人ごとに最適なシステムを採用し、運用する
  • 現地法人向けの標準システムを採用し、運用する

最も簡単な方法は本社のシステムをそのまま現地法人に展開することです。しかし日本向けに作り込んだ基幹システムを海外拠点に対して導入することは容易ではありません。従って、本社のシステムをベースに、現地法人ごとにカスタマイズを行う手法を取ることが望ましいですが、本社システムをベースにするということは導入には本社システムに精通している人材が必要となります。その結果、導入に時間がかかり、遅すぎるという問題が発生するのです。

しかし現地法人ごとに最適なシステムを採用し、運用するというのは、標準化されていないことによるバラバラな状態が生み出されデメリットにつながるため、Total Cost of Ownershipの観点から好ましくありません。近年では海外拠点無稽に海外展開用の標準システムを準備するのがよく見られるパターンとなっています。

これは最も標準に近い現地法人のシステムをもとにグローバルな標準システムを作り展開する方法です。しかし、この場合は海外を起点とするため、システムをグローバル展開するためのチーム作りが課題となっています。

理想はクラウド型ERPの導入

理想的な方法として挙げられるのがクラウド型ERPを導入することです。これはクラウド型ERPが現地法人の標準化に対して適していることから言えます。その理由としては、5つあり、まず規模の大小に関係なく、すべての拠点において共通の機能を利用することが可能になっている点です。例えばERPで考えると、クラウド上で会計の管理や、予算管理が実行できることや、各国の基幹システムのデータを自動的に取り込むことが可能になるなどがあります。

この時点ですでに標準化の条件を満たしているとも考えられます。加えてハードウェアやソフトウェアの導入や運用が不要なため初期投資を抑えてスモールスタートができること、他にも海外拠点で災害が起きた場合でも別の場所から管理ができること、これによってグローバルな災害対策が可能です。さらにノウハウを貯めることができるため、事業継続性の強化につながります。

また、クラウドサービスであるため、スマートフォンやタブレットなどの端末に関わらず、どこからでもアクセスすることが可能です。しかしクラウドでもサーバーがダウンした際はどうするのか、自社でサーバーを持つことより安全性の確保は可能なのかと問題提起する人は少なからず存在しています。

実際に米国で大停電が起こった際に、オンプレミス型のERPは停電によってPCを含めて利用が不可でしたが、クラウド型ERPを利用している企業では利用可能なタブレット端末によって、出荷処理などを行うことが可能だった事例もあるため、クラウド型ERPはシステム標準化に適していると言えるでしょう。

現法の標準化に最適なクラウド型ERPの機能

現地法人を標準化するために最適な機能がクラウド型ERPには備わっており、言語や通過、インターフェイス、操作性などさまざまな機能が標準化に適していると言えます。

多言語・他通貨に対応している

海外拠点というのは一つではありません。グローバルに展開している企業であれば、多言語・他通貨に対応している必要があります。現地のスタッフにとっても、現地の言葉や通過が利用できることは最低限必要です。

また、他通貨に対応していることで、売り上げ情報を円換算することなどの機能も必須になってくることは言うまでもないでしょう。他通貨に対応していることは、会計処理を行うための必須の項目です。
クラウド型ERPは多言語・他通貨に対しての対応はもちろんのこと、複数の海外拠点でも利用できるように導入することが可能になっています。

豊富なインターフェイスが利用できる

当然ながらクラウドERPを導入したからと言って、それまでに利用していたICTシステムが完全に不要になるわけではありません。一部のICTシステムは既存のまま稼働させておく必要があることや本茶のICTシステムとの連携を取ることが必要になってきます。また、すでに現地法人で稼働しているICTシステムと連携を取れることも必要です。

結果的に豊富なインターフェイスが用意されており、複数の海外拠点のシステムに対して柔軟にシステム連携できることが重要になってきます。
そのためインターフェイスが豊富であることは、後々のことを想定すると非常に便利であることを忘れてはなりません。

世界基準の操作性を提供している

日本にある本社拠点、その他支社、グループ企業や海外現地法人を含めて、企業に関わるすべての人材、人種、スタッフが、同じように操作することは必要な条件です。本社の人間だけが利用することができても意味がありませんし、海外現地法人の人間だけが利用することができても効率的ではないからです。すべての人が同じように扱えるような操作性、ユーザーインターフェイスであることが必要であると言えるでしょう。

つまり標準化に最適なクラウド型ERPには世界基準の操作性を提供してもらう必要があると言えるのです。
これ以外のことが満たされていても、この操作性が満たされなければ標準化に適したクラウド型ERPであるとは言えません。ERPを選ぶ際にはこれらの機能をよく吟味する必要があります。

[SMART_CONTENT]

まとめ

海外現地法人が標準化されないことによるデメリットから、基幹システムの展開パターン、現地法人の標準化に最適なクラウド型ERPの機能について解説しました。現地法人のシステムを標準化することによって、業務効率化が見込まれます。

例えば「Oracle ERP Cloud」を利用することによって、デメリットへの対応、標準化に適したクラウドERPの機能を満たすことが可能と言えるでしょう。クラウドを利用しているため導入も非常にスムーズです。
業務効率の改善を検討している場合は検討してみてはいかがでしょうか。


RECENT POST「グローバル経営」の最新記事


グローバル経営

業務システムの海外展開の課題と解決策

グローバル経営

事業の海外展開方法に迷ったら。海外支社と現地法人の賢い選び方

グローバル経営

海外法人を設立するメリット、デメリットを理解する

グローバル経営

海外現地法人の経営管理に必要なポイントとは?

クラウド型ERPで海外現法の標準化を目指す!4つの手法と最適解

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング