経営管理とは?基礎知識や課題、改善するポイントを解説

 2021.02.01  クラウドERP実践ポータル

「経営管理」や「経営企画」など、なんとなく理解しているようで、実は内容をしっかり把握できていない用語もあることでしょう。当記事では、経営管理の概要や目的をおさらいしつつ、具体的な課題とこれに対する改善方法などを解説していきます。経営管理について学びたい方は、ぜひ参考にしてください。

経営管理とは?基礎知識や課題、改善するポイントを解説

経営管理とは?

「経営管理」とは、組織・企業がその活動の目標を達するためにする調整や、総括などのことをいいます。規模が大きな企業やグループ企業を動かしている場合は特に、こうした総合的な管理運営を行うことの重要性が高く、企業目標を達成するうえでも欠かせません。

例えば事業部ごとで、またグループ経営をしている場合は企業単位で統率が取れていなければ、機動的に動くことも難しくなってしまいます。そこで、経営管理を適切に行うことが重要な意味を持つのです。

代表的な手法としては、財務管理や生産管理、販売管理、そして人事および労働管理などが挙げられます。より詳しく把握するため、以下では「目的」「経営企画との違い」に関しても説明します。

経営管理の目的

経営管理の目的としては、まず従業員のベクトルを合わせ、経営者の意思決定をより反映させることが挙げられます。

そして、できるだけ経営ビジョンを実現させるには、ヒト・モノ・カネの管理も欠かせないため、リソースの配分調整などが特に重要視されます。その調整によって、企業全体としてのパフォーマンスも左右されるからです。そのため、少し具体的に言い換えると、「リソースに応じた最大のパフォーマンスを発揮できるような仕組み作り」が経営管理の目的であるともいえます。

結果として、適切な管理がなされることはモチベーションアップにもつながります。従業員にとっては自身の力を発揮でき、成果を上げられます。さらに企業の方向性など、その全体像が掴めていることは、チームとしての力も向上させます。業務の効率化などが求められることも多い中、経営管理ではこうしたモチベーションにも着目することになります。

経営管理と経営企画の違い

企業活動を行ううえでは、「経営管理」に加え「経営企画」も必要です。どちらかが欠けていては上手くいきません。

経営企画も似た用語ですが、こちらは中長期的経営計画の管理や予算の編成といった、大きなプロジェクトなどを担う業務をいいます。経営管理も業務としては比較的広い意義を持ちますが、経営企画の一部として捉えられています。

例えば、経営管理では労務管理などを通してリソース調整を行うところが、経営企画は「企業の風土の改革」や「新規事業の推進」などに向けた戦略を立てて、その実行をしていくことを指します。そのため、より広範な意味を持ち、「企業がどのような方向で進んでいくのか」を考えていくことが中心的業務になるのです。

もっとも、常に抽象的な活動を意味するわけではありません。経営で必要となるデータ分析や現状の把握、市場調査などの業務もここに含まれるため、場合によってはマーケティングなどに着目して呼ばれることもあります。

経営管理における課題

このように、経営管理を適切に実践することは大変重要です。しかし、簡単に実践できるものではありません。「計画が不明確」「予測精度が低い」「連結経営管理が高度になっている」といった課題を抱えている企業も多いです。

計画が不明確だとリソースの分散を招いてしまうことがありますし、業績などの予測精度が悪いと、リスクが大きくなるおそれもあります。グループ経営をしている場合は、それぞれを連結した管理業務が大変になることも考えられます。また、近年では海外展開する企業も多く、多角的な経営を行っているケースが増えています。そうすると業務プロセスが複雑になり、決算などの場面での管理が問題になることもあります。

これらの課題は、多角化経営のさらなる拡大や、全体最適を目指して収集されたデータの増加などが一因となっています。上手く活用できれば企業成長に資するものですが、適切な運用ができずキャパシティを超えた状態に陥ると、これらの課題に直面することになるでしょう。

経営管理を改善するポイント

こうした課題を解決するためには、経営管理の改善が重要です。以下では、経営管理の改善を目指すうえで着目すべきポイントを解説します。

部署ごとに対策を立てる

企業の規模が大きく、いきなり組織全体を統一することが難しいという場合には、まず部署ごとに対策を立てるといいでしょう。部署ごとに課題を明確化すれば、管理が容易になり、モチベーション向上にもつながります。

全体の最適化ばかりに着目してしまうと、個々の部署・業務単位での状態が悪化してしまうことがあります。まずは部署ごとの状況を把握して、業績が停滞しているようなところがある場合には、改善に向けて早急に着手し、具体的対策を取るようにすべきでしょう。

経営管理基盤の構築を見直す

経営管理の基盤をシンプルにしておくことで、急に管理しなくてはならない事業が増えたとしても、対応に遅れることがなくなります。また、無駄なコストの発生も防ぎやすくなります。長く企業活動を続けるためには、変動の激しい社会情勢に適応できることが求められます。複雑な基盤となってしまっているのであれば、再構築を検討するようにしましょう。

この見直しは、企業をさらに発展させ、大きくしていこうと考えている場合には特に重要です。誰が何を管理しているのか明確に把握でき、無駄な業務も発生しないような体制を整えることで、本来注力しなければならない事業に集中できるようになるでしょう。

経営管理システムの導入

具体的な改善方法としては、経営管理システムの導入も挙げられます。当然、自社に適したツールでなければなりませんし、必要な機能を理解したうえで、費用との兼ね合いも考慮しつつ導入を進めなくてはなりません。特に経営管理システムのような、基盤となるシステムを取り入れる場合には慎重な検討が大切です。

適切なツール選定や運用が実現されれば、大きな効率アップが期待できます。特にERPやRPAといったツールは、企業の多様な情報が一元的に管理できますし、経営管理に対して直接貢献することでしょう。複数の異なる業務をまとめて取り扱うことができ、リアルタイムの情報が集約され、より迅速な意思決定にも役立ちます。わざわざExcelなどのソフトを使って、個別に時間をかけて分析する必要もなくなります。

なお、導入に際してはイニシャルコストが、運用においてはランニングコストの発生が想定されます。人件費やそのほかのコストカットも考慮しながら、導入を検討しましょう。

Oracle Managerial Accounting Template(OMAT)で経営管理基盤を構築

専用ツールの導入が効果的であることを前述しましたが、その例として「Oracle Managerial Accounting Template」が挙げられます。こちらのツールでは、グループ経営管理業務を1つの基盤で実現でき、規模の大きな場合にも問題なく対応できます。さらに、さまざまなデータを連結して処理することも可能です。

ほかにも有用な機能が豊富に備えられており、全体的なコストの削減や、一部の事業部連結のシステム化、制度連結・管理連結業務の効率化といった要望にも柔軟に応えてくれます。ツール選びに迷われた際は、ぜひ導入を検討されてはいかがでしょうか。

[SMART_CONTENT]

まとめ

今回は経営管理の意味や、経営管理に関して企業が抱えている問題点、そして課題に対する改善ポイントなどを解説しました。具体的には、企業によって取り組むべき対策は異なりますが、経営管理基盤の構築またはその見直しは、どの企業においても大切なことです。

そこでツール選びが重要となりますが、「Oracle Managerial Accounting Template」であれば多様なニーズに応えてくれるでしょう。経営管理に課題を感じている場合は、ぜひ導入をご検討ください。


RECENT POST「経営/業績管理」の最新記事


経営/業績管理

中長期経営計画の設計、予算の策定etc. 経営者とともに戦略を立てる。成長企業に必要な、経営管理部の仕事とは

経営/業績管理

予実管理とは?その方法を解説

経営/業績管理

激変する経営環境 ー 先読みのできない時代の経営管理 〜第3回 EPM領域の働き方改革と Agile Finance “ -CFO組織のニューノーマルとEPM〜

経営/業績管理

海外現地法人の経営管理に必要なポイントとは?

経営管理とは?基礎知識や課題、改善するポイントを解説

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング