経営管理の高度化を実現する適切な支援ツールとは

 2022.03.25  2022.03.29

グローバル標準のクラウドERP

近年、デジタル技術の進歩に伴って市場の不確実性が増大しており、変化に対応できる経営体制の構築が求められています。このような時代のなかで企業が市場の競争優位性を確立するためには、より高度な経営管理が不可欠です。本記事では、経営管理の高度化が求められる背景について解説するとともに、その実現を支援するソリューションをご紹介します。

経営管理の高度化を実現する適切な支援ツールとは

経営管理の高度化とは

現代はAIやIoTといった技術革新による「第4次産業革命」の黎明期と言われており、20世紀末から21世紀初頭にかけて発生したIT革命以来の変革が訪れようとしています。しかし、テクノロジーの進歩によってさまざまな産業が発展する一方、市場競争は激化の一途を辿っており、企業もまた経営体制の変革が求められています。とくに重要となるのが経営管理の高度化です。

経営管理高度化の定義

経営管理とは、企業が掲げる事業目標の達成と組織の中長期的な発展に向けて、計画の立案・策定や経営資源の配分調整を行う経営手法を指します。一例として財務管理・人事管理・購買管理・生産管理・販売管理といった手法が挙げられ、組織単位および事業部単位で実行されるのが一般的です。

こうした基幹業務や経営資源をマネジメントし、企業理念や経営ビジョンの実現に向けて組織全体の方向性を統一することが経営管理の役割といえます。そして、組織全体のマネジメントをより効率的かつ効果的に実行し、経営基盤の総合的な強化を図ることが、経営管理の高度化なのです。

経営管理高度化の全体像と目的

経営管理の高度化を実現するためには、最先端のデジタル技術の活用やビッグデータ分析基盤の導入といった施策が欠かせません。現代では、テクノロジーの発展に比例して企業が取り扱うデータ量が指数関数的に増大しており、事業活動によって収集されたデータをいかに経営管理の領域に活用するのかが重要な課題となっています。

たとえば、データレイクやETLツール、BIツールといったソリューションを活用し、ビッグデータ分析基盤を構築できれば企業の経営状況をリアルタイムに可視化し、俯瞰的な視点から分析可能となるでしょう。勘や経験といった不確かな要素を排除した的確な経営判断を下す一助となり、確かなデータを起点とする高度な経営管理が実現します。

ここで重要なポイントは、デジタル技術やビッグデータの活用は手段であって目的ではない点です。こうしたソリューションを活用し、企業を取り巻く環境の変化に迅速かつ柔軟に対応できる効率的な経営体制を構築することこそが経営管理高度化の本質的な目的です。

多拠点海外現法経営見える化の勘所と進め方
デジタル時代、経営管理の機敏性を高める“Agile Finance”とは

経営管理の高度化が必要とされる背景

冒頭で述べたように、現代はテクノロジーの進歩によって多くの産業が発展する一方で、市場競争は激化の一途を辿っています。グローバル化の進展やデジタル化の加速、地政学上のリスクや気候変動などのさまざまな要因が重なり合い、企業を取り巻く外部環境の変化が激化しているのが実情です。不確実性が増大する現代市場で企業が勝ち残っていくためには、勘や経験に頼る経営体制から脱却するとともに、経営管理の高度化が不可欠となっています。

経営管理でよくある課題

ここからは、経営管理の高度化を目指す上で課題となるポイントを見ていきましょう。経営管理でよくある課題として挙げられるのは以下の3点です。

  • 業務が煩雑
  • 成果を把握する仕組みが機能していない
  • 業績予測の精度が低い

業務が煩雑

経営管理の最適化を阻む要素のひとつは管理業務の煩雑化です。企業が事業目標の達成や中長期的な発展を推進するためには、グループ企業はもちろん、海外拠点の経営状況も踏まえた上で目標を設定しなくてはなりません。その際に本社とグループ会社のシステムが連携されていないと、データ管理の負担が大きく、戦略策定や意思決定に割くべきリソースをデータの集計に費やしてしまうという状況に陥りかねません。

成果を把握する仕組みが機能していない

高度な経営管理や適切な意思決定を阻む要因のひとつが、成果を把握する仕組みが機能していない点です。先の例のように本社とグループ会社のシステムが分断されていると、リアルタイムな現場の成果や経営上の成果を把握できず、必要なデータを確保できません。今後の見通しや市場予測が曖昧になることで対策が後手になり、市場への柔軟な対応力が失われます。

業績予測の精度が低い

迅速かつ的確な意思決定を下すためには、高い精度での業績予測が不可欠です。業績予測が曖昧では意思決定が事実ではなく仮定に基づいて行われます。仮説を前提とした検証も重要ですが、経営管理におけるリスクを最小化するためには、定量的なデータ分析と事実に基づく意思決定が不可欠です。したがって、経営管理では業績予測や市場動向、需要予測など、不確実性の高いデータをいかに高精度で予測・分析できるかが重要な課題といえます。

経営管理を高度化するにはERPとEPMが有効

経営管理における課題を解決するためには、グループ会社を横断した情報共有と経営状況の可視化が必要です。経営管理の高度化を実現する第一歩は、グループ会社全体のシステムと業務プロセスを統一し、必要な情報をタイムリーに集約できる環境を構築することといえます。そのために欠かせないソリューションがERPEPMです。

そして、変化の加速する市場に対応していくためには、敏捷性や拡張性、可用性に優れるシステム環境が必要です。したがって、アジリティとスケーラビリティに優れるクラウドコンピューティングをベースとしたシステム環境の構築が求められます。つまり、高度な経営管理を実現するためには「ERP」と「EPM」、そして「クラウドコンピューティング」の3つが不可欠となります。

ERPで正確なデータを効率的に把握

ERPとは「Enterprise Resources Planning」の頭文字をとった略称で「企業資源計画」と訳される経営手法です。ヒト・モノ・カネ・情報といった経営資源を統合的に管理し、経営基盤の総合的な強化を目的とします。そして、このERPの実行を支援するソリューションを「ERPシステム(統合基幹業務システム)」と呼びます。

ERPシステムは、財務会計・人事・購買・生産・販売などの基幹業務を一元的に管理し、全社横断的な情報共有や業務連携を実現するソリューションです。組織に蓄積された膨大なデータをリアルタイムに管理し、的確かつ迅速な経営判断と意思決定を支援します。クラウド型のERPシステムであれば、ひとつのプラットフォームでグローバル規模の経営データを集約して効率的に管理できます。

EPMで業績を評価・改善

EPMとは「Enterprise Performance Management」の略称であり、日本語では「企業業績管理」と呼ばれる管理手法です。企業の業績を常時監視し、必要に応じた対策を実施することを目的とします。そして、企業の業績や成果を常に監視し、分析・評価・改善するための機能を提供するソリューションが「EPMシステム」です。

企業では複数の部門でさまざまな業務が行われており、組織の規模が大きくなるほど分析や評価が困難となります。EPMシステムは各部門の業績や成果、業務プロセスを統合的に管理し、適切なリソース配分やデータに基づく業績予想などを可能とするソリューションです。ERPのデータによってEPMで業績や成果が可視化され、的確な経営判断と迅速な意思決定を支援します。

高度な経営管理にはOracle Fusion Application

高度化された経営管理の実現を推進する企業におすすめしたいのが「Oracle Fusion Application」の導入です。Oracle Fusion Applicationは、CRMGRC、人材管理、タレントマネジメントなどの機能群をパッケージ化したクラウド型のソリューションです。具体的にはCRM・GRC・会計・購買・プロジェクト管理・人材管理・サプライチェーン管理内部統制という7つの製品群で構成されており、さらに100を越えるモジュールが搭載されています。

各機能群を既存のアプリケーションと併用できるため、ERPシステムやEPMシステムを連携させることにより組織間で分断されない統合的なマネジメントが可能になります。Oracleはデータベース管理システムで世界トップシェアを誇るリーディングカンパニーであり、その設計・開発で培われた堅牢なセキュリティにも定評があります。経営管理の高度化を目指す企業は、Oracle Fusion Applicationの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

経営管理とは、事業目標の達成と組織の長期的な発展に向けて、戦略の策定や計画の立案、経営資源の配分調整などを行う経営手法を指します。そして、こうした組織全体におけるマネジメントを効率的かつ効果的に実行し、経営基盤の総合的な強化を図るために経営管理の高度化が求められます。経営管理の高度化を実現するためには、「ERP」と「EPM」、そして「クラウドコンピューティング」の3つが欠かせません。競合他社にはない付加価値を創出し、市場における競争優位性を確立するためには、いちはやく経営管理の高度化に取り組む必要があるでしょう。

統合された経営管理クラウドが卓越した経営に貢献Oracle Fusion Cloud EPMまるわかりガイド

RECENT POST「経営/業績管理」の最新記事


経営/業績管理

フォーキャストとは? 進め方やポイントを理解して業務を効率化させよう

経営/業績管理

IPOを目指す会社が準備しておくべき課題

経営/業績管理

要員計画とは?人員計画との違いや立て方、策定の流れを紹介

経営/業績管理

SSC(シェアードサービスセンター)構築のメリットとは?

経営管理の高度化を実現する適切な支援ツールとは
櫻田修一氏ブログ記事バナー

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング

New Call-to-action