倉庫管理とは?概要やWMSについて解説

 2021.04.20  クラウドERP実践ポータル

製造業の経営活動をスムーズに実現していくためには、倉庫管理の最適化・効率化が必要です。倉庫管理では、原料や商品の管理を徹底し、その管理の最適化を売上アップにつなげていくことが何よりも重要といえるでしょう。

ただ、倉庫管理には手間のかかる業務や他業務と類似しているものも多いです。なかには、在庫管理との違いや詳しい業務内容を理解できていないといった悩みを抱えている担当者も少なくありません。

そこで今回は、倉庫管理業務の概要や特徴について整理したうえで、倉庫管理システムWMS)の機能についてわかりやすく解説していきます。

倉庫管理とは?概要やWMSについて解説

倉庫管理とは

主に製造業などで重要となる業務の一つに、「倉庫管理」という業務があります。倉庫管理とは、倉庫内に保管される在庫や設備、配置される人員、必要な業務フローなどを全般的に管理する業務のことを指します。

製造業では、倉庫内の業務を最適化し、業務効率を上げていくことが売上向上に直結するポイントとなります。必要な人員を配置し、適切なシステムで管理を効率的に行うことは、企業に求められる重要な要素といえるでしょう。

逆に、倉庫管理業務が適切な流れで実現されていないと、出荷における不備や作業の遅延、作業員のミスなどのリスクを高めることになります。それが結果としてサービスの品質、顧客満足度の低下につながることは明白です。

適切に管理されていないことで生じる不備を抑え、スムーズに倉庫内業務を実行できることを目的として行われるのが、倉庫管理です。

倉庫管理と在庫管理の違い

倉庫管理と似た業務に、「在庫管理」があります。倉庫管理業務にあたる際には必ず両者の違いを知っておきましょう。

まず、両者の違いとして重要となるのは「管理する対象」と「管理の目的」という2つのポイントです。それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

倉庫管理の場合は、倉庫に関わるすべての業務や物事、データを管理するという特徴があります。これに対して在庫管理の場合、管理対象物は在庫データのみとなるため、例えば出荷業務の最適化や人員の配置などは在庫管理業務には含まれません。

また、倉庫管理の場合は設備や人員の管理・配置を行い、倉庫に関わるあらゆる業務の最適化を目指します。一方在庫管理は、在庫として保管するべき数・量・種類を正確に把握したうえで、コストを削減し利益増加を目指すという目的があります。

倉庫管理システム(WMS)で自動化が可能

倉庫管理は、手間のかかる作業が多く、スムーズに管理体制を整備するための倉庫管理システム(WMS)の導入が重要となります。

倉庫管理システムには、倉庫管理業務をスムーズに行うための便利な機能が多数備わっています。倉庫への貨物、資材、商品の入出庫管理や在庫管理などの機能を総合的に搭載しているため、あらゆる業務の自動化が可能となる点が特徴です。

自動化はヒューマンエラーを防止し、作業の正確性を高めるうえでも重要な役割を果たします。入荷・出荷・保管といった倉庫における庫内物流を管理する際の不備を極力なくし、スピーディーな管理が実現可能です。

つまりWMSの導入を行えば、企業の多くは倉庫管理業務の効率化を実現することができるだけでなく、不備を減らせるといったリスクマネジメントが可能になるのです。

入荷管理

ここからは、倉庫管理システムに搭載されている機能や特徴について整理していきましょう。

倉庫管理システムには、まず入荷管理の機能があります。倉庫へ原料や商品を入荷する際には、どの時期にどんなものがどれだけ入荷されてきたのか、正確に把握しておく必要があります。倉庫管理システムでは、そうした資材・商品の管理を行い、入出荷の漏れなどの不備を防ぐことが可能です。

また、入荷管理の機能を利用すれば、入荷予定リストの作成や返品入荷、ハンディ検品などの作業を自動的に行うこともできます。

在庫管理

倉庫管理システムには、在庫管理システムが備わっていることが多いです。在庫管理システムは、倉庫にどんな製品や資材があり、それらはどこにいくつあるのかを管理できるシステムのことを指します。

社内外問わず倉庫以外の倉庫データを管理する機能として知られ、余剰在庫や機会損失などのリスク低減へとつなげられる点が特徴です。倉庫内で余分な在庫を持たず、保管場所やコストを最適化することは、倉庫管理における重要なポイントとなります。

出荷管理機能

倉庫管理システムにおける出荷管理機能も、倉庫関連業務を効率化するために必要な機能の一つです。出荷管理機能は、倉庫から出荷する商品の適切な管理を担う機能にあたります。

システムを導入して管理を行えば、引当・引き戻し・ピッキングリスト・配分リスト・仕入先返品・ハンディ検品・梱包などの作業の自動化が実現され、作業スピードを上げることができます。また、不備を防止する管理体制の強化へとつなげことも可能になります。

棚卸し管理機能

手間のかかる棚卸し業務も、倉庫管理システムを導入していれば、管理を自動化し最適化を図ることが可能となります。棚卸し管理機能は、商品情報を倉庫内で一時的に保管してその状態をキープする場合に、商品や資材の情報を適切に管理する際に必要となる機能です。

棚卸し業務を自動化すれば、指示からハンディ棚卸し、棚卸し報告まで正確に自動化することが可能となり、ヒューマンエラーを防ぐことにもつながります。

帳票・ラベル発行機能

倉庫管理システムには、帳票・ラベル作成の機能が備わっているものもあります。帳票やラベルは、入出荷の際に商品・資材の種類や個数、入出荷の日程を可視化するために必要となるものです。

これらを今まで手作業で作成し、アナログ的な方法で管理を行っていた場合は、倉庫管理システムの帳票・ラベル発行機能により自動化の体制が整います。納品書や梱包明細書、送り状、荷札、値札などの発行を正確に行えるため、書き間違えなどのミスを減らすことにもつながります。結果的に、それぞれの作業効率を上げることにも貢献します。

倉庫内業務において、帳票・ラベルの作成は毎時間、毎分と頻繁に行われる業務の一つです。これらが自動化されれば、業務効率化が実現され、別部門に人員を配置したり、その他の作業効率をアップさせたりすることが可能となります。

[SMART_CONTENT]

まとめ

倉庫管理業務は、倉庫に関わるあらゆる業務の効率化・最適化する目的で行われる管理業務です。似た部類の業務として在庫管理がありますが、倉庫管理は在庫管理と異なり、在庫データだけでなく倉庫に関わるあらゆる業務の最適化を図ることを重要視しています。

また、倉庫管理は倉庫設備や業務、人員配置などあらゆるポイントを管理していくため、業務内容が膨大になりやすい点が特徴です。そのため、従来のアナログ的な方法では、スムーズにすべての情報・業務を把握し、最適化を目指すことは難しいという課題があります。

だからこそ倉庫管理の効率化を図る際には、自社に合った倉庫管理システム(WMS)の導入が不可欠です。

Oracle Warehouse Management Cloud(WMS)は、倉庫管理に必要なあらゆる機能をそろえており、リアルタイムでのデータ可視化や正確性向上、倉庫管理におけるコスト削減に貢献します。倉庫管理の効率化を目指す際には、Oracle Warehouse Management Cloud(WMS)の導入をぜひご検討ください。


RECENT POST「サプライチェーン/生産管理」の最新記事


サプライチェーン/生産管理

倉庫管理システムの機能

サプライチェーン/生産管理

倉庫管理ソフト 一覧

サプライチェーン/生産管理

在庫管理システムの導入で得られるメリット

サプライチェーン/生産管理

部品管理に欠かせない部品表(BOM)とは?基礎知識や便利なシステムを紹介

倉庫管理とは?概要やWMSについて解説

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング