基幹システムとERPの違い

 2019.03.04  クラウドERP編集部

クラウドERPなどの台頭によりERP(Enterprise Resource Planning)を導入することが中堅・中小企業においても一般化した現代ビジネスでは「ERP=基幹システム」という認識を持っている方も多いかもしれません。

確かにERPは基幹システムであり、この認識は間違いではありません。しかし、100%正解でもありません。基幹システムとERPは厳密な違いがあり、分けて考えることで今まで見えてこなかった経営課題を発見することもあります。本稿では基幹システムとERPの違いを明確にした上で、ERPのメリットについて解説します。

基幹システムとは?

基幹という言葉は「物事の土台」や「組織の中心」という意味があり、基幹システムとは言い換えれば「企業・組織にとって欠かせない土台となるシステム」のことです。

昨今のビジネスではITの力が欠かせません。企業は業務を遂行する上で効率化をはかるために、その業務に最適なシステムを導入します。例えば会計業務のための会計システム、製造業であれば生産業務のために生産管理システムなどです。

その中でも特に企業にとって重要なシステムがあり、それは「バックオフィス系システム」や「業務系システム」とも呼ばれます。一般的には下記6つのシステムが基幹システムと呼ばれるものです。

  • 財務会計システム
  • 生産管理システム
  • 販売管理システム
  • 購買管理システム
  • 在庫管理システム
  • 人事管理システム

これらの基幹システムはERPとして導入しない限り、基本的には独立して構築され、各部署に点在して稼働しています。それぞれに異なるデータベースやインターフェース、入出力帳票を持っていることが多く、部門間をまたいだ連携にはシステム同士の連携(インテグレーション)が必要になります。

最近ではこれらの基幹システムにCRM(Customer Relationship Management:顧客管理システム)やMA(Marketing Automation:マーケティングオートメーション)を含めて考えることも多くなっています。近代ビジネスでは顧客との関係構築に最重点を置いている企業が多く、顧客とのコミュニケーションや徹底した顧客視点によってビジネスが創出されると考えられています。

ERPに関するお役立ち資料

また、企業の根幹をなすシステムですから金融であれば勘定系システム、通信事業者や公共サービス事業者などの特殊なビリングシステムなど企業運営を支える根幹となるシステムを基幹系システムと言います。

ERPとは?

次に、ERPのその変遷から実態を紐解いていきましょう。ERPはもともと経営効率化を実現するために創出された概念であり、マネジメント手法でもあります。そのベースとなったのが生産におけるマネジメント手法の「MRP(Material Resource Planning)」です。

参考記事:“MRP”から“ERP”への変遷とそれぞれの特徴

MRPは日本語で「資材所要量計画」といって、半製品/部品/原材料について必要なものを必要なときに、必要な分だけ購買したり、製造したりするための計画を指します。さらにMRPⅡがその概念を発展させ、モノだけではなく生産にかかわる設備/人/金にいたるまでジャストインタイムに基づいた考えで調達、投入するというものへと進化しました。

ERPはいわば、このMRP/MRPⅡの考え方を経営全体に当てはめて、経営資源(人/モノ/金/情報)を適切に管理し、適宜活用するためのものです。ERPの概念はとても広く、経営資源を活用して経営判断のスピードを高めるといった組織そのものの行く末を決定するようなシーンから、適材適所で人材を配置するといった細かいシーンまであらゆるところでERPが活用されます。

そしてERPと実現するために欠かせないのが「経営状況の可視化」です。組織の舵切りをするためにはリアルタイムな情報が欠かせません。そのためには、前述した基幹システムをすべて統合し、そこから生まれる情報を収集/加工/分析した上で経営の判断材料として利用できるためにレポートとしてまとめなければいけません。システム面におけるERPとはつまり、経営状況の可視化を実現するために創り上げる基盤だと考えても良いほどです。

基幹システムとERPの違い

以上のことから、基幹システムとERPの違いは、基幹システムが企業になくてはならないシステムの総称であるのに対して、ERPは「6つ(あるいは7つ、8つ)の基幹システムが「統合されているのか」と「経営状況を可視化し、経営の判断材料として利用できるか」という2点にあるとも言えます。もっと噛み砕いて言えば「基幹システム=各部署や目的に応じて稼働する企業の根幹を支える重要なシステム」、「ERP=基本的な業務システムが統合されたもの」となるでしょう。

基幹システムがERPとして統合されるメリット

ERPを構築する場合、古くはERPソフトウェアベンダーが提供するパッケージ製品を購入し、それを社内ネットワークにインストールして独自のカスタマイズを加えていくことになります。最近では多くの企業が、それらの複雑かつ高コストな作業を行いたくないためにクラウドERPを導入・検討するようになっています。

既存の基幹システムを統合するという手法では、各基幹システムを連携させるだけで膨大な手間とコストがかかりますし、単一データベースの作成や長い時間をかけた稼働検証等も必要です。

メリット1.経営状況をリアルタイムに可視化する

ERPを構築すると、今まで部署ごとに分断していた基幹システムは1つになり、情報が中央のデータベースに集約されます。これはつまり、経営者が企業全体の情報を単一画面から俯瞰して見られるということで、経営状況をリアルタイムに可視化することに繋がります。

メリット2.全社的な業務効率化により現場負担が軽減される

よく「ERPは経営のためのシステム」と言われていますが、それだけではありません。実は現場従業員にとっても利点は多く、基幹システムが連携することでデータの受け渡しがスムーズになるので、2重の情報入力が無くなったり、いちいち在庫担当者に問い合わせをしなくても納期回答ができたりと、全社的な業務効率が進み現場負担が大幅に軽減されます。

メリット3.調達コストおよび在庫保管費用が適正化される

企業が長らく部門最適化を図ってきた結果、本来連携すべきはずの購買管理システムと在庫管理システムは分断状態にあり、情報連携が適切かつスピーディに実行されないことで調達コストと在庫保管費用を増加させていました。ERPによって2つの基幹システムが連携すると、購買から在庫、在庫から購買の情報が適切かつスピーディに行き来し、それぞれの不足情報を補い合うことで両コストの適正化が図れます。

メリット4.生産管理工程の管理および調整が最適化されリードタイムが短縮する

生産管理に関しても購買/入荷/在庫/販売/出荷といった様々な分野との連携が欠かせません。SCM(Supply Chain Management)の観点から言えばこれらすべてのプロセスがシームレスに繋がり、市場や顧客への製品提供までのリードタイムを可能な限り短縮する必要があります。ERPはそうしたSCMの最適化も実現し、あらゆるリードタイムが短縮されます。

Mメリット5.情報分析によって今まで気づかなかった知見が創出される

ERPに蓄積されている情報の活用方法は経営状況の可視化だけではありません。あらゆる種類の情報を必要に応じて分析することで、話題のビッグデータ分析を実現することも可能で、そこから今まで気づかなかった知見を創出することができます。その知見から新しいビジネスが創出されたり、業務効率化のためのヒントが生まれることもあります。

 

いかがでしょうか?以上が基幹システムとERPの違いと、ERPのメリットです。まだERPを導入していないという企業は、この機会に検討してみてはいかがでしょうか?その際に大企業や中堅企業ではOracle ERP Cloudを、中小企業やスタートアップ企業ではOracle NetSuiteをご検討ください。

クラウドERPの「6つのメリット」と「注意点」

RECENT POST「ERP」の最新記事


この記事が気に入ったらいいねしよう!
ERP(統合基幹業務システム)の導入を成功に導く10のステップ
New Call-to-action
NetSuite 10ユーザー分の価格と導入費用
New Call-to-action

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング

New Call-to-action