中小企業のERPで求められる要件とは?

 2019.04.10  クラウドERP編集部

グローバル標準のクラウドERP

中小企業がERP導入で成功するためのポイントとは何か?今やこのような議論が沸き起こっています。クラウドERPの台頭により今まで大企業が主体に導入していたERPも中堅・中小企業でも導入しやすくなったことが背景にあります。

ERP導入は大企業と中小企業で要件が明確に異なるため、中小企業に合ったジャストフィットな要件を整えて、導入するERPを選択することが大切です。本稿では、中小企業のERPで求められる要件について解説しています。

ERP(Enterprise Resource Planning)とは?

まずは簡単に、ERPの概要をおさらいし、中小企業と大企業のERPの違いを明確にしましょう。

ERPの普及が始まったのは1990年代後半であり、日本ではOracleやSAPといった大手ERPベンダーを中心に、大企業での導入が活発になりました。当時、ERP導入にかかる初期投資が数億円など莫大なものだったのは、日本企業独自の商習慣やビジネススタイルにERPを合わせるため、数十から数百の追加開発が必要になったからです。ソフトウェア費用自体は、昔も今も大きな変化はありません。昨今のERPは追加開発の必要性が著しく低くなったため、従来に比べて初期投資が安くなり、中小企業の中にもERPを導入する企業が増えています。

そもそもERPとは、統合型基幹システムといって経営活動に欠かせない基幹システム(財務/生産/販売/購買/在庫/人事)を中心に、様々な業務システムが統合された大規模なパッケージソフトウェア製品です。ERPを導入することで、これまで部署ごとに分断していた情報を一元的に管理でき、情報資源活用が促進したり、業務効率アップしたり、システムセキュリティが強化されます。

このように、組織全体を巻き込むような大規模な統合基幹システムが大企業向けのERPであれば、中小企業向けのERPはミニマムなソフトウェアパッケージ製品であり、基幹システムのみや一部だけを統合したものが多くなっています。その分、初期投資を抑えることができますし、オーバースペックにならず、必要に応じて機能を拡張していけるというメリットもあります。

ただし最近では、クラウドサービスで提供されるERP(クラウドERP)を採用することで、大企業並みに大規模な統合基幹システム環境を手にする中小企業も増えています。

中小企業のERPで求められる要件とは?

中小企業庁の調査によれば、中小企業全体におけるERP導入率は21.5%であり、平均値を超えているのが製造業、飲食以外の小売業、卸売業、医療法人として行う医療業以外の医療業、宿泊業です。

ERPに関するお役立ち資料

これらの業種はサプライヤーや取引先との関りが深く、サプライチェーン全体を通じた情報管理が重要、という共通点があります。顧客や消費者にいち早く、品質が高い商品やサービスを届けるためには、ERPが欠かせないと認識しているのでしょう。

もちろん、ERPを必要としているのが上記業種だけでなく、すべての中小企業にとって欠かせないIT製品だと言えます。現在では事業規模に応じてジャストフィットなERPを、多数の選択肢から選べる時代なので、導入障壁もかなり低くなっています。そんな中小企業のERPで求められる要件とは何でしょうか?

要件①とにかく運用がしやすい

中小企業のERPでまず大切な要件が「運用のしやすさ」です。中小企業にはIT技術者が在籍していないところも多く、そうした企業ではシステム会社に保守運用を依頼する必要があります。しかしそれでは運用にコストがかかり、システム内容変更の都度料金が発生したり、システム会社と相談したりする必要があるため急速なビジネスニーズの変化に対応できません。一方、運用のしやすさに特化したERPならば、IT技術者が在籍していない企業でも、専任担当者を置くだけでERPを運用できます。保守運用にかけるコストを抑制できますし、ビジネスニーズの変化へ迅速に対応できます。

要件②コストが明確に見える

大企業ほどの資本がない中小企業では、1つ1つの投資が非常に重要な意味を持っています。当然ながら無駄な投資は排除すべきです。そのためにはまず、どこにどれくらいのお金がかかっているかを把握する必要があります。ERPによっては、保守運用にかかる資金がブラックボックスになってしまう可能性があり、ERPにいくら投資しているのかが見えなくなります。しかし中には、コストがハッキリと目に見えるERPも存在するので、そうしたERPを選択することでコストの適正化が行え、投資計画も立てやすくなります。

要件③スモールスタートが可能である

中小企業のERPにとって、小さく始める「スモールスタート」は欠かせない要件です。いきなり全社導入するのではなく、特定の部署や特定の従業員だけに展開し、適用範囲を徐々に拡大していくという方法を取ることで、試行錯誤を繰り返しつつ自社にマッチしたERP環境を構築していくことができます。そのため、ERPに統合されているシステムごとに細かい設定が行えるのが理想的です。

要件④既存業務を可能な限り崩さない

中小企業の多くは、長年の信頼関係によって取引が成立している顧客や取引先が多く、それらの企業との信頼関係がERPによって崩れることは断固として回避すべきです。実は、ERPを導入して業務プロセス全体をシステム化することで、柔軟な納期対応などができなくなり、良好関係にあった取引先との信頼にヒビが入った、という事例もあります。そのため、既存業務を可能な限り崩さないERPを選択することで、中小企業ならではの柔軟性等を保つことができます。

要件⑤失敗がこわくない

ERP導入には多額の初期投資がかかるので、どんな企業でも失敗はこわいものです。しかしながら、中小企業こそ「失敗がこわくない」ERPを導入することが大切で、万が一導入に失敗してもすぐに撤退できるERPを選択しましょう。

要件⑥中小企業ならではの機動性が活かせる

中小企業の武器はやはり「機動性」です。株主の意見に左右されない中小企業は、大企業よりも経営スピードが速く、さまざまなアイディアをどんどん世に打ち出すことが可能です。そのため、ERPがその機動力を阻害してはいけません。阻害するのではなく、中小企業ならではの機動性をさらに活かせるERPが欠かせません。

要件⑦使いやすい操作ができる

全社で利用するERPは従業員全員にとって使いやすく、高い操作性を持つ製品を選びましょう。

要件⑧カスタマイズができる

ERP導入によってビジネスの継続的な成長を目指すのであれば、多少のカスタマイズは必要になってきます。なるべくERPが持っているビジネスプロセスに合わせることで大企業が実践してきたビジネスプロセスを享受できるということは言えますが、自社独自のビジネスプロセスをカスタマイズによって対応させることも必要になってくる可能性はあります。そのためカスタマイズが容易なERPを導入することが重要になってきます。

もちろん、その際にはベンダーが定期的に行うアップグレードにもカスタマイズした部分が対応できることを確認しましょう。

中小企業に最適なERP=Oracle NetSuite(ネットスイート)

以上の要件を満たすERPはどれか?その答えの1つが「NetSuite(ネットスイート)」です。NetSuiteは20年以上にわたり、一貫してクラウドERPを提供してきました。クラウドならではの利点が無数に詰め込まれた製品です。

初期投資を抑制することはもちろん、運用のしやすさや操作性も非常に高く、NetSuite独自の開発プラットフォームによって追加機能を簡単に追加できます。現在、NetSuiteは世界のERP市場のリーダーに選出されています。ERP導入の際は、ぜひNetSuiteをご検討ください。

NetSuite SuiteSuccess

RECENT POST「ERP」の最新記事


この記事が気に入ったらいいねしよう!
ERP(統合基幹業務システム)の導入を成功に導く10のステップ
New Call-to-action
New Call-to-action

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング

New Call-to-action