【ERP基礎知識】生産管理システムとは?

 2016.10.13  クラウドERP編集部

グローバル標準のクラウドERP

ERP(統合基幹業務)ソリューションの一部としても提供されている生産管理システム。製造業において欠かせないシステムの一つです。ここでは、そんな生産管理システムの概要について解説していきたいと思います。

まずは、そもそも生産管理とは何か?というところからお話していきましょう。

生産管理とは

生産管理とは単にモノを作って出荷するまでの工程を指すのではなく、生産計画や人員配置など様々な要素が絡んでくる分野です。需要を予測し生産計画を立て、原材料の仕入れや工程の手順などを管理する。言わば生産におけるトータル的なマネジメントが必要になります。

生産管理とは」について調べてみよう!

生産管理の主な業務

まずは販売計画をもとにどれくらいモノを作ればいいのかを予測し、生産計画を立てていきます。生産計画を立てる上で重要なのは仕入先、生産個数、生産期間、人員配置、工程管理、品質管理などです。

工程管理や品質管理などの管理業務には専門スタッフを配置するにしても、どのような計画で行っていくかは生産管理が考えるところになります。

また、生産工程において順調に進行しているかなどの進捗管理や、改善なども行っていくので他の業務よりも総合的な業務が必要になるのは間違いないでしょう。

生産管理に必要なスキル

第一にマネジメント力。生産管理を行う上でこれは必須条件とも言えます。営業部や製造部、購買部との整合性を取りつつ生産計画を組んでいき、全体を取りまとめる役割もあるのでマネジメント力は高いほどいいでしょう。時に強いリーダーシップも必要になります。

また、需要予測や情報分析力も必要なスキルの一つです。正確な生産計画を組み、在庫の過不足を生まないために需要予測は不可欠であり、現場の不規則な事態を対応するためにも情報分析力が欠かせません。

こうしたトータル的なスキルが必要な半面、生産における仕入から販売まで関わることができるので、その分やりがいも多い業務だと言えます。

データシート:NetSuiteカタログ NetSuiteの製品・サービス・事例をご説明

生産管理システムは何をするのか?

生産計画に基づいて工程を踏んでいたとしても、現場では必ずイレギュラーな管理業務が発生します。生産管理システムとは簡単に言えばそうした事態を考慮しつつ生産管理を効率化するためのシステムです。

生産管理システムのメリット

1.不良率の管理

生産管理において重要な目的の一つが不良をできるだけ発生させないよう計画を組むことです。そのためにはいつ?どこで?どのような?不良が発生しているのかを把握し、分析していかなければなりません。

NetSuite SuiteSuccess 新登場!!

生産管理システムで不良率を管理することで、分析を楽にし対策を立てることができます。不良とは言わば資産のムダでもあるので、優先的に取り組むべき課題の一つなのです。

2.在庫管理の適正化

生産管理システムを活用し生産計画に基づいて在庫管理を行うことができれば、在庫の過不足を発生させず適正在庫を保つことができます。在庫は過剰でもいけませんし不足していてもいけません。

在庫の過不足を防ぐことでキャッシュフローが良くなり経営を楽にすることができます。

3.生産計画の短縮

生産計画というのは短ければ短いほどいいものです。仕入から製造、販売までの流れ(リードタイム)を短縮化することができれば余分な在庫を抱えずに現金化していくことができ、事業投資に回すことができます。

しかし、こうしたリードタイムを短縮するためには多くの課題があり、システムなしで短縮するのは非常に難しいのが現状です。生産管理システムで仕入先、部品、在庫、販売計画を適切に適切に管理することでリードタイムを短縮していくことができます。

4.業務負荷の平坦化

生産管理システムを導入していない環境では、各製造現場が閉鎖的であり業務負荷に偏りのある状況を生みだしていました。これは社員のモチベーション管理と労働生産性の観点から非常に非効率的な製造方法と言えます。

そこで生産管理システムを導入することで各製造現場の業務負荷が可視化され、分散することで負荷を平坦化することができるのです。

これで社員のモチベーションは保たれ効率的に労働生産性を高めていくことができます。

5.利益率の向上

「不良率の管理」も「在庫管理の適正化」も品質のムラを改善してくためのメリットです。そして「生産管理の短縮」と「業務負荷の平坦化」は業務のムダムリを改善していきます。

総じて言えることはすべてを改善することで利益率を向上していけるということです。

[SMART_CONTENT]

NetSuite(ネットスイート)が提供する生産管理システム

NetSuiteは世界30,000社以上の導入されているクラウド型のERPソリューションです。ここでは、NetSuiteが提供する生産管理システムとしての機能を紹介していきます。

需要予測

生産計画を立てる上で欠かせない需要予測。NetSuiteでは、取引履歴、営業予測、傾向、季節ごとの変動をもとにして需要を計算することができます。また、環境に応じて様々なパラメータを設定できるため、生産計画を柔軟かつ完璧に管理していくことが可能です。

在庫管理、倉庫管理

在庫管理や倉庫管理では重要なのはリアルタイム性です。流動的な在庫をリアルタイムで把握していくことにより、在庫の過不足を無くし効率的にコントロールしていくことができます。

NetSuiteでは主要仕入先や在庫、さらに調達の指標をリアルタイムかつ詳細に把握することができるため、在庫管理全体を最適化していくことができます。

購買管理、仕入先管理

調達管理システム受注管理システムから成り仕入から販売までのトータルフローを効率化することができます。また、会計システムとの連携も取れているので売り上げ計上されたデータや購買データや自動的に共有され、会計システムに反映します。

製造

NetSuiteの製造向け機能によって、受注から製造指示にいたる製造全体のプロセスを効率化することができます。生産プロセスにおけるあらゆるステージを可視化することにより迅速な意思決定と市場への供給を迅速化することができるのです。

ここで紹介しているNetSuiteの生産管理システムはあくまで一部です。さらに細分化されたシステムや機能が生産管理全体のプロセスを支援し、正確な計画を実現します。

また、NetSuiteが提供する会計システムや顧客管理システム、eコマースなどのシステムとも連携が取れているため、生産管理だけでなく事業全体レベルでプロセスを効率化し、利益率を上げていくことが可能です。各システムから生成されるデータの可視化により経営戦略上の意思決定を迅速化できるのも大きなメリットでしょう。

[RELATED_POSTS]

まとめ

いかがでしょうか?今回は生産管理システム並びに生産管理について紹介しましたが、製造業の中核を成す非常に重要なシステム・業務ですね。生産管理を効率化することは無駄をなくし利益率を高めていくための最重要事項だと言えます。

そしてそれを実現するために欠かせないのが生産管理システムです。従って自社に最適な製品を選ぶことが、生産管理効率化の第一歩と言えます。

しかし、企業全体で見ると生産管理の他に会計管理や顧客管理など、取り組むべき業務は実に様々です。ですので生産管理システム単体で効率化を狙うより、クラウドERPで企業全体の効率化を図った方がより効率的に利益率を上げ、継続的な成長を目指していけることでしょう。

No.1 クラウドERP

Oracle ERP Cloudまるわかりガイド
RFP(提案依頼書)サンプル新統合基幹システム導入プロジェクト提案依頼書

RELATED POST関連記事


RECENT POST「生産管理システム」の最新記事


【ERP基礎知識】生産管理システムとは?
ERP(統合基幹業務システム)の導入を成功に導く10のステップ
New Call-to-action
成長企業がこれから12ヶ月で変えていくべき3つのこと

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング

New Call-to-action