5分で解る!経営を楽にする在庫管理とは?

 2016.11.04  クラウドERP編集部

グローバル標準のクラウドERP

在庫管理とは"経営”そのものであり、管理方法一つで企業を成長させることも、経営を傾ける可能性もあります。

しかし現状"ただ在庫を管理しているだけ”の環境が多いでしょう。在庫管理とはそれだけ難しく、多くの事が求められるのです。

今回は"在庫管理とは何か?”という部分を改めて知りつつ、経営を楽にするための在庫管理について説明していきたいと思います。

在庫管理とは何か?

在庫管理の本質を知るためには、なぜ企業は"在庫を管理しなければならないのか?”ということを考えるのが一番の近道です。

実は在庫を管理するのが当たり前という"なんとなく”な考え方で在庫管理を行っていることが少なくありません。だからこそ、不適切な在庫管理で経営が傾いてしまう企業が存在するのです。

在庫管理を行う理由として在庫数を把握するなど色々と浮かんでくるでしょうが、最も重要なことは"適正在庫を保つこと”です。

適正在庫を保つメリット

適正在庫とは市場や社内のニーズに対し、"多過ぎずかつ少な過ぎない"在庫数のことを言います。

第一に、適正在庫を保つことでニーズに対応し、供給を適度に行うことができます。Eコマースなら機会損失を防止することができますし、製造業ならラインをストップさせずに製品を作っていくことが可能です。

次に、在庫を持ち過ぎないことでキャッシュフローが良くなります。在庫というのは言わば現金化されていない状態の商品です。つまり在庫が過剰であるほど手元に残るキャッシュが少なくなり、経営に回せなくなるのです。こうした理由から在庫管理を適切に行えないことで、売上的には問題ないのに倒産する企業というのが存在します。

ここでは簡単に"多過ぎずかつ少な過ぎない"在庫数を保つことと説明しましたが、在庫管理においてはこれが最も難しい部分でもあるのです。

なぜ適正在庫を保つことが難しいのか?

人為的ミスが無くならない

検品ミス、データ入力ミス、発注ミスなど在庫管理現場には常に人為的ミスがつきものです。一つのミスで在庫管理が大幅に狂ってしまう可能性もあるので、適正在庫を保つ上でどうしても付きまとう問題でしょう。

NetSuite SuiteSuccess 新登場!!

逆を言えば、人為的ミスをが"極力発生しない”環境を整えることができれば、適正在庫を保ちやすくなると言えます。

需要予測が難しい

需要に対して過不足なく在庫を保つためには、過去のデータや市場分析により常に需要予測を行う必要があります。しかし"予測”というものはそもそも完璧なものではない上に、スキルがない環境では難しいものです。

在庫を多めに持とうとする

人間の心理的に安全ラインを保つために、どうしても多めに在庫を抱えてしまうケースは少なくありません。しかし前述したように在庫数が多いとキャッシュフローが悪くなる上に、流行サイクルの早い業種では在庫の価値がみるみる下がっていくのでキャッシュを回収しきれないことも少なくありません。

データシート:NETSUITE アドバンスト在庫管理

適正在庫を保つためにすべきこととは?

まずは正しい在庫管理を行える環境を整える

ここで言う"環境を整える”というのは、在庫管理システムを導入するといったIT的な話ではなく、管理ルールなどを作り正しく管理でき環境を整えるということです。

例えば商品ごとの管理エリア設定や、先入れ先出しができるよう整備するだけでも在庫管理の効率性はグンとアップします。ここに在庫管理ルールなどをしっかりと作れば、適正在庫を保ちやすい環境を整えることができるでしょう。

管理ルールは必ずマニュアル化して徹底させる

管理ルールとは作るだけではいけません。マニュアル化して周囲に徹底させることで、初めて効果を発揮します。まずはマニュアルを作成し手順に沿って管理するようスタッフに徹底させましょう。

ただしただマニュアルを作って配るのではなく、ラミカードにして現場に"見えるように”掲示するなど工夫が必要です。

需要予測ができる環境を整える

適正在庫を保つために、データ分析や管理スキルのある人材を投入するというのは難しいかと思います。そもそもそういった人材が少ない上にコストが大きくかかってしまうからです。

そこで残る選択肢は教育を行いスキルのある人材を育てるか、システム化により環境を整えるかの2つです。

人材を育てるというのも時間とコストが大きくかかるので、現実的なのはやはりシステム化でしょう。最近ではビジネスインテリジェンス(BI)などシステムが独自にデータ分析することで、分析業務の大部分をシステムに負担させることができます。

必要な業務と言えばBIにデータを取り込むこと、そして分析されたデータを"どう活かすか考え実行すること”です。

ただしデータ分析に対する最低限の知識は必要ですので多少の教育は欠かません。

在庫管理全体を効率化するシステムの導入

BIに続きシステム化の話ですが、在庫管理全体を効率化するシステムを導入することができれば、その他業務に注力することができ適正在庫を保つための計画を入念に練ることができます。

そしてそのシステムとは"クラウドERP(Enterprise Resource Planning)”です。

クラウドERPは在庫管理システムを始めとした複数の基幹系システムを"同時に”導入することができます。つまり、各基幹系システムで連携の取れた環境を整えることができるということです。

販売管理システムや仕入管理システム、顧客管理システムなど複数のシステムが在庫管理システムを連携していれば大部分の業務を効率化することができます。同時に、各システムから生成されるデータを包括的なBIで可視化できるため、リアルタイムで需要予測を行うことができるのです。

通常こうしたシステム環境を整備するためには莫大なコストと手間が必要になりますが、この課題をクリアしているのが"クラウド”という部分です。すべての基幹系システムをインターネット経由で提供しているので、ユーザー企業やサーバ調達やネットワーク整備など、通常発生する運用管理業務の一切を省くことができます。

これにより初期コストを抑え、環境整備の短期化と運用管理業務の効率性アップが実現するのです。

[SMART_CONTENT]

クラウドERPなら世界No1.のNetSuite(ネットスイート)

1998年から約20年に渡りクラウドERPというソリューションを提供し続けているNetSuiteは、今や業界のリーディングカンパニーであり、長年のノウハウが凝縮された最高のソリューションでもあります。

現在ではOracleやSAPなどERPソリューションの先駆者的メーカーを押さえ、世界No1.の成長率で導入率を拡大し、30,000社以上の企業に選ばれています。

在庫管理においても最適な環境を与え、適正在庫を保つ上で大いに効果を発揮するのでおすすめです。

[RELATED_POSTS]

まとめ

これまで在庫管理は"ただ管理するだけ”だけだった企業では、今一度在庫管理について見直していただきたいと思います。適正在庫を実現した際の経済効果を一度試算してみれば、"驚くほど”経営が楽になることを知るでしょう。

限られたリソースの中で在庫管理を適切に行うということは難しいことでもあるので、時にコンサルティングやシステムに頼るのも一つの手段です。自社にとって最適な在庫管理とは何か?を考え、常に適正在庫を保っていきましょう。

商品別在庫管理テンプレート(Excel形式)

商品別在庫管理テンプレート(Excel形式)
国内クラウドERP利用実態調査レポート:矢野経済研究所

RELATED POST関連記事


RECENT POST「在庫管理システム」の最新記事


5分で解る!経営を楽にする在庫管理とは?
Oracle ERP Cloud とSAP S/4HANAとの比較 (英語)
No.1 クラウドERP Oracle NetSuite公式カタログ
成長企業がこれから12ヶ月で変えていくべき3つのこと

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング

New Call-to-action