在庫コントロールとは?適正在庫が経営を楽にする

 2016.10.31  クラウドERP編集部

グローバル標準のクラウドERP

「在庫コントロールは経営そのもの」とはよく言ったもので、不適切なコントロールによって経営自体が傾くことも少なくありません。しかし逆を言えば、適正在庫を維持し続けることで経営を楽にすることもできます。

そこで今回は在庫コントロールの基本から効率化のポイントまで紹介していきたいと思います。

在庫コントロールの目的とは

在庫コントロールとは適正在庫を保つために行う管理業務ですが、本質はその少し先にあります。例えば適正在庫を保つことでキャッシュフローを良くし、資金繰りを上手に行っていくことです。

在庫とはいわば"現金化されていないキャッシュ”でもあるので、在庫が多ければ多いほど手元に残るキャッシュは少なくなってしまいます。

また、売上の最大化というのもまた一つの目的です。顧客が欲しい時に欲しい商品を提供するというのはビジネスの基本であり、しっかりと売上をあげていくために必要な要素です。

そしてこの基本を実現するためにはできる限り機会損失を避けなければなりません。つまり、需要はあるのに供給できないという事態を回避するということです。

当然そのためには一定以上の在庫数を抱えている必要があります。しかし在庫数が多すぎるとキャッシュフローが悪くなってしまうので、在庫コントロールが非常に重要なのです。

在庫コントロールはなぜ難しいのか

ただ管理するだけなら非常に簡単なのですが、適正在庫を維持するとなると在庫コントロールは途端に難しくなります。

どうしても余剰在庫を生みがち

機会損失を避けるためにセーフティラインを割らない程度の在庫を抱える必要があるので、在庫というのは基本的に余剰気味です。しかしある程度ならば、適正在庫を保てていると言ってもいいでしょう。

また、ネットショップなどでの需要分析はそこまで難しくないので、在庫の過不足を生んでしまうというケースは少ない方かと思います。(突発的な需要がない限り)

しかし問題なのは資材を扱っている会社です。

例えば、樹脂材を仕入れて部品加工を行っている会社では市場よりも低価格で原材料が出回っていると、この機会に購入しておこうと大量に発注しがちです。

NetSuite SuiteSuccess 新登場!!

低価格で購入した方が利益率は高くなるので当然の行動なのですが、こうした必要以上に発注が後に首を絞める結果になることが少なくありません。

樹脂材は経年劣化が比較的早いものですので時間が経つにつれ、経年劣化が進んでいきます。しかし市場における需要が少なければ加工することも出来ないので、かなりの余剰在庫を生んでしまう上に経年劣化により損失を受けるというリスクもあります。

これはあくまで例ですが、こうした資材を扱っている会社ではどうしても余剰在庫を生みがちで、適正在庫を維持するのが難しのです。

仕様変更で不良在庫を生んでしまう

下請け会社によくある話なのですが、親会社からの発注打診に合わせて資材や部品を手配したら、仕様変更によって使われなくなってしまうということは珍しくありません。

他の部分に流用出来れば問題ないのでしょうが、そう上手く事が運ぶ方が少ないようです。

こうしたイレギュラーな事態によって適正在庫が保てなくなるというケースも少なくありません。

在庫コントロールのルールが守られていない

例えば在庫コントロールの基本でもある"先入れ先出し”ですが、これを守らないと在庫はどうなるでしょう?食品を扱う会社なら新しく入荷したものをどんどん出荷してしまい、古く入荷したものの消費期限が切れてしまうという事態になります。

また、食品でなくとも商品には経年劣化がありますので、古く入荷したものは必然的に品質が低下し、クレームに発展する可能性もあります。

つまり先入れ先出しが守られていないだけで、会社にとっては大きな損失を生んでしまっているということなのです。

だからこそ在庫コントロールのルールを守る必要があるのですが、なかなか守られないという環境も少なくありません。これは作業員事態に非があるというよりも、管理者が"ルールを守りやすい環境”を整えられていないというケースの方が多いでしょう。

"ただ先入れ先出しを徹底する”というルールだけで「どこに?」「何を?」「どのように?」管理すべきか記されていないとなれば、当然のことながらルールを守ることはできません。

つまり管理者は"ルールを守りやすい環境”を整えた上で、在庫コントロールを行う上でのルールを定めなければならないのです。

データシート:NETSUITE アドバンスト在庫管理

在庫コントロールを効率化するためのポイント

いきなりシステム的な話になってしまいますが"在庫コントロールを効率化できる環境”を整えるのは非常に重要なポイントです。さらに具体的に言うと、統合的なシステム環境を構築するのがベストでしょう。

在庫コントロールと一口で言ってもルールや在庫置き場を明確にするだけではいけません。こうした基本的なポイントでは在庫コンロースをしやすい環境は作れても、適正在庫を維持する決定打にはならないのです。

ではなぜ統合的なシステム環境が在庫コントロールを効率化するのか?それは、在庫コントロールとは仕入や販売、マーケティングなど複数の業務を見渡した上で最適化することが求められるからです。

つまり、各管理業務において連携の取れているシステム環境を取ることが重要になります。

例えば仕入から在庫コントロール、販売までの業務を一気通貫で管理することができれば、業務的にかなり大きな効率化に繋がります。また、各システムのデータを可視化することができれば、在庫コントロールをより最適化することも可能なのです。

だからこそ在庫コントロールには統合的なシステム環境を整えることが一つのポイントになるのです。

[SMART_CONTENT]

統合的なシステム環境を構築するためには

方法はいくつかありますが、最も合理的かつ効果的なのは"クラウドERPソリューション”を導入することでしょう。

クラウドERPソリューションでは調達管理システム在庫管理システム受注管理システム顧客管理システム、マーケティングツールなど複数の業務システムを一括で提供するソフトウェア製品です。各システムでは予め連携が取れているのでカスタマイズの必要なく、強化された基盤を導入することができます。

加えてクラウドサービスとして提供されていることから初期コストが抑えられ、導入後の運用管理業務もありません。つまり、リソースの限られている中小企業でも統合的なシステム環境を導入できるというわけです。

当然ながら月額利用料というランニングコストは発生しますが、オンプレミスと比較しても変わらないあるいはコストダウンになるといったケースが少なくありません。

在庫コントロールを効率化する上で、クラウドERPソリューションほど適切なソフトウェア製品はないでしょう。

[RELATED_POSTS]

まとめ

いかがでしょうか?中には基本的な在庫コントロール効率化のポイントが知りたいと思っている方もいるかもしれません。しかしやはり、在庫コントロールを効率化する上でシステム環境の整備は外せない要件なのです。

従って適正在庫を保ちたいという企業では、ぜひ一度クラウドERPソリューションについて検討していただきたいと思います。

NetSuite SuiteSuccess

Oracle ERP Cloud とSAP S/4HANAとの比較 (英語)
Oracle NetSuiteで仕事が変わる!会社が変わる!

RELATED POST関連記事


RECENT POST「在庫管理システム」の最新記事


在庫コントロールとは?適正在庫が経営を楽にする
ERP(統合基幹業務システム)の導入を成功に導く10のステップ
New Call-to-action
成長企業がこれから12ヶ月で変えていくべき3つのこと

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング

New Call-to-action