集中購買と分散購買、そのメリットとデメリットについて解説

 2020.01.17  クラウドERP編集部

グローバル標準のクラウドERP

仕入先から生産に必要な資材を購買(調達)するための方式として、「集中購買」と「分散購買」という2つの種類があります。多くの製造業は集中購買により資材を仕入れていますが、生産する製品の特性や生産環境などを考慮して分散購買を選択するところもあります。また、集中購買のリスクを案じて分散購買に移行する製造業も多く、どちらの購買方式がベストかはケースバイケースと言えます。

ただし、単に仕入先口を増やして分散購買に移行しただけでは本質的な効果が得られない可能性が高いでしょう。本記事では集中購買と分散購買の意味、それぞれのメリットとデメリットを解説します。今後の購買方式選択において参考になれば幸いです。

centralized-or-decentralized-purchasing

集中購買と分散購買の違い

2つの購買方式の違いは言葉から何となく想像できますが、違いを明確にするためにまずは詳しく説明します。

集中購買

JIS(日本工業規格)では集中購買を「購買の発注契約又は業務を集中的にまとめてとり行う購買方式」と定義しています。つまり、複数の事業所を運営している場合であっても、本社で集中した事業所ごとに必要な資材を購買する方式を指します。

購買管理を本社側が完全にコントロールすることで、組織的に一貫した購買プロセスを取ることができます。

 

分散購買

JISでは分散購買を「購買の発注契約又は業務を必要とする場所ごとに分散して購買する方式」と定義しています。集中購買に対し、会社が運営している事業所ごとに独立した購買活動を行う方式を指します。

事業所ごとに購買を行うので本社側のコントロールは難しいものの、各事業所の状況に応じた購買管理が行えます。

参考資料:JIS『Z 8141 : 2001』(https://kikakurui.com/z8/Z8141-2001-01.html

 

分散購買のことを「同一資材を別々の仕入先から購買・調達すること」を認識している方がいらっしゃるかもしれません。そうした購買・調達方式は「分散発注」を呼ばれ、分散購買とは事業所ごとに異なる購買管理を行うことを指します。

ERPに関するお役立ち資料

集中購買と分散購買のメリットとデメリット

集中購買と分散購買には、それぞれに異なるメリットとデメリットがあります。それらを比較した上で自社の生産特性や生産プロセスなどと照らし合わせながら、最適な購買方式を選択することが大切です。それでは、集中購買と分散購買のそれぞれのメリットとデメリットを紹介します。

集中購買

メリット

購買管理を本社でコントロールすることの最大のメリットは、「価格交渉が行いやすくなる」です。仕入先もより多く購買してくれる会社と取引をしたいと考えていますし、ロット買いで取引してくれる会社からの価格交渉には積極的に応じ、値引きしてくれる可能性が高くなります。そのため、仕入にかかる購買費用を抑えて、それを製品価格や利益に反映させることができるでしょう。

また、購買管理を本社でコントロールすれば購買手続きや業務をまとめて行えますし、事業所ごとの購買品質のムラが生じるのを防げます。事業所に必要な人材数も抑制できるので、余計な人件費が発生しないメリットもあります。

さらに、本社に過去の購買データは統合されていくことからデータを活用した支出分析を実施して、購買管理を効率化できます。購買方針も固定できるので、仕入先との交渉や新規仕入先の開拓もスムーズに行えます。

デメリット

集中購買では大きなデメリットはないものの、大量発注が多くなることから納入までに日数がかかることや、事業所までの運搬費用がかかることがデメリットとして挙げられます。

ただし、事業所ごとに購買管理を実施している場合の人件費や管理費などを考慮すると、決して高い費用というわけではありません。実感されるデメリットはやはり、緊急の納期に間に合わないことや、顧客が要望する納期に柔軟に対応できないなどでしょう。

 

分散購買

メリット

分散購買を採用する最大のメリットは「高い柔軟性」です。集中購買では「緊急の納期に間に合わない」ことと「顧客が要望する納期に柔軟に対応できない」ことをデメリットとして挙げましたが、分散納期ならこれが可能です。

事業所ごとに購買管理を実施するので、顧客から連絡があった時点で生産計画や購買計画に情報を反映させて、即座に購買プロセスに取り掛かることができます。地域密着型の事業所を運営している製造業の場合、地域企業との信頼関係が最重要になるため分散購買を採用した柔軟な対応を取っているところが多いでしょう。

この他、事業所の近くで経営している仕入先を選定できることから、運搬費用やサービス面で有利な待遇を受けられたり、仕入先と友好関係を築いたりできるのもメリットだと言えます。このため分散購買や中小企業に多い方式ですが、大企業でリスク回避のために分散管理を採用していることがあります。

デメリット

デメリットはやはり価格交渉が難しいことでしょう。集中購買に比べて発注数量が必然的に少なくなるので、数量を盾にした価格交渉ができなくなります。少量だからといって定価での仕入れを続けていると、原価低減への意識が薄れていき、本社の購買方針からズレることも少なくありません。

また、グループ全体で見た際の標準化も難しいことから、事業所ごとに購買管理の品質や費用にばらつきが出てしまいます。事業所ごとの購買データを収集・統合するのも難しいので、実践的な分析活動が行いづらい傾向にあります。

[SMART_CONTENT]

購買方式の最適化は「使い分け」が肝心!

ここまで解説したように、集中購買と分散購買には大きな違いがあります。真逆の購買方式と言ってもよいため、それぞれのメリットとデメリットは表裏一体のように存在しています。そのため、企業としては「あちらを立てればこちらが立たず」状態で、一体どの購買方式を選べばよいのか悩んでしまうことも少なくありません。

そこで肝心なポイントは、必要に応じて購買方式を「使い分ける」ことです。2つの購買方式の得手不得手は企業ごとの異なるというより、購買する資材によって変わります。たとえば高額資材は共通資材の場合は集中購買で本社が購買管理をコントロールして、価格交渉を有利に進めることで原価低減に取り組めます。

一方、低額資材や特殊資材などは価格交渉が難しいことから分散購買を採用して、柔軟性を優先する方が良いと考えられます。同じ仕入先から複数種の資材を購買するケースでも、低額資材や特殊資材は分散購買を実施して、価格を決定的に抑えたい資材で価格交渉が行える余地を残しておくなどの戦略が大切です。

従って、購買方式を選択する際はどちらか一方ではなく、資材ごと事業所ごとに集中購買と分散購買を組み合わせて、最適な購買方式を作り上げるのがベストだと言えます。本稿で紹介した内容を参考に、自社にとって最適な購買方式をぜひご検討ください。

{% if contact.email %} {% else %}
{% set box_index = 1 %} {% set resource_cat_links = [ { 'key': 'product_catalog', 'title': '製品カタログ', 'url': '/resources#catalog' }, { 'key': 'comparision', 'title': '製品カタログ', 'url': '/resources#comparison' }, { 'key': 'solution', 'title': 'ソリューション', 'url': '/resources#comparison' }, { 'key': 'survey', 'title': '調査/アナリストレポート', 'url': '/resources#survey' }, { 'key': 'case', 'title': '導入事例', 'url': '/resources#case' }, { 'key': 'product', 'title': '製品情報', 'url': '/resources#product' }, { 'key': 'service', 'title': 'サービス', 'url': '/resources#service' }, { 'key': 'template', 'title': 'テンプレート', 'url': '/resources#template' }, { 'key': 'video', 'title': 'ビデオ', 'url': '/resources#video' }, { 'key': 'partner', 'title': 'パートナー', 'url': '/resources#partner' } ] %} {% if module.choose_smart_content == 'smart_b' %} {% set smart_content_data = module.smart_content_b %} {% else %} {% set smart_content_data = module.smart_content %} {% endif %} {% for item in smart_content_data %}
{{ item.new_visitor.smart_content }} {% set resource_cat = module.resource_category %} {% if resource_cat == 'global' %} {% else %} {% for item_cat in resource_cat_links %} {% if item_cat.key == resource_cat %} {% endif %} {% endfor %} {% endif %}
{% set box_index = box_index + 1 %} {% endfor %}
{% endif %}
グローバル/グループ企業の5サプライチェーンマネジメントチェックリスト

グローバル/グループ企業のサプライチェーンマネジメントチェックリスト
デジタル時代のサプライチェーン戦略

RELATED POST関連記事


RECENT POST「調達管理システム・EDI」の最新記事


集中購買と分散購買、そのメリットとデメリットについて解説
ライオンの調達部門責任者と支援者が語る、経営戦略における「調達イノベーション」の重要性とは?
事例記事:リコー
成長企業がこれから12ヶ月で変えていくべき3つのこと

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング

{% if not contact.email %} {% include '/ClassicV1/controls/Blog/CT_BlogSidebar_CTA2.html' %} {% endif %}