調達購買戦略とは? ビジネスツールで容易に実現しよう!

 2021.07.01  クラウドERP実践ポータル

調達購買における戦略をどのようにお考えでしょうか。ビジネスツールなどによる効率化を行うことで、調達購買はより一層「見える化」されます。また調達購買戦略についての導入方法は知っていてもメリットの詳細を知らない方が多いのが現状です。

今回は調達購買部門の仕事や現状から、調達購買を戦略的に行うことのメリット、理想的な管理ツールの内容や、準拠したクラウドツールの紹介まで詳細に解説します。

調達購買戦略とは? ビジネスツールで容易に実現しよう!

調達購買部門の仕事とは

企業における購買部門の役割は必要な原材料・部品などの資材を仕入れることが仕事です。企業ごとに仕入れを行う原材料や部品は全く違いますが、どの企業にとっても仕入れの役割は次のような役割を担っていると言えるでしょう。

大切なのは単純に仕入れを行うだけではなく、企業にとって「高い利益率を出す必要がある」ということです。仕入れの時点で損になるような購買をしていては部門として独立させていることのコストに見合わない可能性があるためです。

調達購買部門の仕事はあくまで企業にとって高い利益率を出すような仕入れを行うこと、効率的かつ問題のない取引を行うことと言えるでしょう。
そのために、戦略的な調達購買が重要になってきています。

ライオンの調達部門責任者と支援者が語る、経営戦略における「調達イノベーション」の重要性とは?
5 分でわかる調達部門の強化策

調達購買の現状とは

調達購買の現状はサプライヤーとの駆け引きによって、信頼関係を築けていない取引が多いというのが課題です。これは調達購買部門の仕事を「安く買い叩くことである」と考えている人が多いことにあります。具体的にはサプライヤーに対して無茶な提案価格をすることです。

ですが、サプライヤーはそれを見越して見積もりか価格をあえて上乗せして価格提示を行うなどして対抗するようになります。結果的には交渉時に値段を下げるという様相で売買契約をするのですが、実際はサプライヤーの希望価格になっていることが多いのです。
購買部門の人間であれば適正な価格を知っていれば最初からこのようなやりとりは必要ありません。

また、とにかく安くすることしか考えていない場合、サプライヤーに対して無茶な要求を行い、結果その価格で通った場合は、サプライヤーは品質を落とした商品の提供をすることがよくあります。サプライヤーにとっての利益の問題と、購買部門の買い叩きという考え方は共存することができないため、このように価格を落とすことに執着し、サプライヤーへの敬意が忘れられている傾向にあるのが現状です。
また、購買部門は不正が発生しやすい体制になっていることも現状の課題と言えるでしょう。

購買調達を戦略的に行うことで得られるメリット

調達購買を戦略的に行うことで、調達購買の管理ができることや、新規サプライヤーの開拓が容易になること、的確でスピード感のある調達業務が実現することなど、様々なメリットが存在しています。

購買調達の管理ができる

購買のコントロールができるということは多くのメリットを生み出します。例えば各部門でバラバラにしていた発注を一元管理することが可能になります。部門ごとに発注が行われると発生する重複発注を避けることにつながるからです。

また、余剰在庫の削減や結果的なコストダウンにつながると言えます。加えて、管理された戦略的な購買を行うことで、適正価格での購買が可能となります。購買を含めた全体の動きが可視化されることによって、経営の予測、プラン人ングなどに生かすことが可能です。

新規サプライヤーが開拓しやすくなる

新規のサプライヤーを継続的に発掘することは、原価を低減させるために欠かすことのできない取り組みであると言えます。継続的に発掘を続け、サプライヤーが潤沢になってくることで、企業にとってはサプライヤー同士を競合にさせることが可能となるでしょう。
また、調達システムを統一することによって、サプライヤーに対しては正当な価格や優位性を保つことができるため、調達購買は戦略的に行うことが必要とされています。

的確かつスピード感のある調達業務が実現する

迅速・柔軟に対応してくれるサプライヤーの情報を共有化することによって、スピード感のある調達購買を実現することが可能となります。
また、戦略的、一元的に管理することができるようになれば、生産・在庫・販売・営業といった企業全体を俯瞰して見ることが管理体制上可能となります。これによって的確な調達がスピード感を持って実現できるのです。

サプライヤーを正しく評価できるようになる

サプライヤーに対して優位性を持つことは正しくサプライヤーを評価するための重要なポイントです。例えば複数のサプライヤーとのつながりができるようになれば、主力商品の購買を3~4社に分けて購買することによってリスクの分散を行うことができます。
これはサプライヤーが適正な価格で提供しているか、品質は問題ないかを確認するためことなどサプライヤーを正しく判断するために必要な手段と言えるでしょう。

経営資源を有効活用できるようになる

戦略的に調達購買を行うことによって、購買部門の業務は簡略化および先鋭化することがわかりました。これによって、今まで手間のかかっていた「発注」「納期管理」「検収」といった作業が効率化することが可能です。
それだけ購買部門の人材には付加価値業務にシフトすることが可能になります。経営者から見れば、人材などの経営資源をより効果的に活用できる利点が生まれると言えます。

理想の購買管理システムとは

理想的な購買管理システムに求められることは、交渉履歴を残せること、一元管理が可能になること、プロセスを一気通貫してカバーできることです。これらの求められる内容によるメリットを解説します。

交渉履歴を残せる

交渉履歴を残すことができるというのは、長期的に見れば、調達購買の正当化だけではなく、その妥当性を正しく判定することや収支の適正化、無駄な収支を見つけやすくなり削減につなげることが可能であると言えます。

また、前任者や他の担当者が行った取引の交渉履歴を残せることによって、属人化しなくても効率的なサプライヤー選定ができるようになります。
購買不正の防止だけではなく、担当者とサプライヤーが馴れ合うことによる、サプライヤーの固定、費用の高止まりなどの抑止になり得るでしょう。

一元管理ができる

一元管理することで、購買プロセスは標準化されます。サプライヤーの情報を共有化することによって、QCDに与える影響を最小限に留めることを実践しつつ、利益の最大化に貢献できます。
また、部門間で発生した複数の発注を特定のサプライヤーに対して一本化することや、リスクを効果的に分散させることが可能になるのも一元管理によるものです。

プロセスを一気通貫でカバーする

調達から購買、支払いまでの支出管理サイクル全体を一気通貫でカバーすることが可能になることで、情報伝達のフローが構築されます。各業務プロセスに現状生まれている切れ目をつなぐことが可能になると言えるでしょう。
支出管理サイクル全体をカバーすることを実現することにより、効率的で、かつ無理や無駄がない、業務フローが構築することができるようになると言えます。

[SMART_CONTENT]

Oracle Procurement Cloud導入のメリット

購買調達管理を効率的に行うためには、システム導入を行うことも視野に入れるのが効果的です。例えば、SaaS型の調達管理システム「Oracle Procurement Cloud」について紹介します。

Oracle Procurement Cloudを利用することによって、購入依頼書から発注書を作成することができます。また、クラウドサービスによって提供されているシステムであることから、システムの迅速な立ち上げや、運用ために必要なコストなどが削減することが可能になっています。

これだけではなく、Oracle Procurement Cloudは拡張性や柔軟性を持っていることから、必要な機能は付け足すことで拡張ができるというのも利点です。
戦略的に購買管理を行ううえで必要であると述べた、履歴情報についてもトランザクション履歴の可視化などが搭載されていることによって、戦略的かつ効率的な調達管理が可能になることが言えるでしょう。

また、四半世紀ごとにアップデートされるため、時代の流れが変わっても老朽化することがなく、最新の機能をクラウド経由で提供することが可能です。これによって自分たちでコストをかけてアップデートする必要や再構築する必要はなく、コストに見合った利点を得て、戦略的な購買調達管理を実現することを可能にしています。

まとめ

購買調達部門の仕事の概要から、現状、購買調達部門が抱えている課題、戦略的に行うことによるメリットを紹介してきました。購買調達を戦略化することによって、一元管理することや業務の簡略化、効率化を行うことが可能です。そのために自社内での古い体制を超えて最適な調達管理システムを導入することが非常に効果的です。
調達購買に関して戦略的なアクションを取りたいと模索しているのであれば、Oracle Procurement Cloudの導入を検討してみてはいかがでしょうか。


RECENT POST「サプライチェーン/生産管理」の最新記事


サプライチェーン/生産管理

購買管理システムの基本機能

サプライチェーン/生産管理

調達を効率化するシステム化とそのポイント

サプライチェーン/生産管理

調達と購買の違いとは?

サプライチェーン/生産管理

集中購買と分散購買、そのメリットとデメリットについて解説

調達購買戦略とは? ビジネスツールで容易に実現しよう!

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング