サプライチェーンマネジメントとは?その目的や背景、課題について理解を深める

 2018.11.21  クラウドERP編集部

皆さんが日ごろ使用しているモノ、部屋の中に飾ってあるモノなどはすべて、長い道のりを経て皆さんの手元に届いています。たとえば今使用しているパソコンやスマートフォンは、メーカーが原材料または部品をサプライヤーから調達して、工場でそれを組み立て、卸業者に出荷して、そこから初めて店頭に並びます。

このように、事業者間から消費者までを連鎖的に原材料や部品、製品が流れていくことを“サプライチェーン(供給連鎖)”といいます。ちなみに消費者から事業者間へ、製品の流れとは逆に情報が流れていくこともサプライチェーンの1つです。

本稿ではこのサプライチェーンを管理する“サプライチェーンマネジメント(サプライチェーン管理:SCM)”の概要について触れたいと思います。

サプライチェーンを管理するとはどういうことか?

消費者のもとに製品が届くまでのサプライチェーンの中で、そのスタート地点になるのは製造メーカーの“発注・調達”です。

「これくらいの数量を市場に投入したいから、その数を生産するためにはこれくらいの原材料や部品が必要だ」という生産計画をもとに、サプライヤーに原材料や部品を発注し、調達します。

サプライヤーはその発注を受けて原材料を配送したり、部品製造に取り掛かります。その後、それらの原材料や部品は製造メーカーに集められ、生産ラインで製品が作られたらいったん在庫として管理し、販売計画にのっとって適切な卸業者に配送し、最終的にはそれが店頭に並んで消費者の手元に届きます。

そして情報は、こうした製品の流れとは逆方向にさかのぼっていきます。消費者から製品に関する評価などの情報が店舗に流れ、その評価とPOS入力の情報を受けて「これくらいの数量が欲しい」という情報が卸業者に流れ、その他の情報も巻き込みながら製造メーカー、サプライヤーへ逆流していきます。

では、製品と情報の流れが滞ってしまうと何が起こるのか?

ERPに関するお役立ち資料

製造メーカーは市場需要が把握できなくなり、適切な製品を市場に投入できないばかりか、投入までのリードタイムが長期化したり、在庫が膨れ上がったりしてしまい、ビジネスが成り立たなくなります。

こうした問題を回避するために、サプライチェーンマネジメントでは製品の流れと情報の流れを管理し、最適化を図り、適切なタイミングで適切な製品を市場に投入し、さらにそこから得られる情報を新たなビジネスへと繋げていくことを目的としています。

サプライチェーンマネジメントが注目された背景とは?

サプライチェーンマネジメントという言葉が最初に使われたのは1982年と、今から35年以上昔のことです。

米国のバージニア州マクリーンに本社を構えるコンサルティング会社、ブース・アレン・ハミルトンのK.R.オリバーとM.D.ウェバーが最初に用いたと言われています。しかし、サプライチェーンマネジメントという言葉をよく耳にするようになったのはごく最近のことではないでしょうか?その背景とて考えられるのは次の理由です。

1. IT技術の進歩によってサプライチェーン全体の管理が現実的になった

サプライチェーンマネジメントという言葉が初めて用いられた1980年代のIT環境は、まだメインフレーム(汎用機)が中心となってシステムを構成している時代であり、現在のようなITシステムを持つ企業は大企業に限られていました。そのITシステムというのもあらゆる業務アプリケーションがネットワークによって接続されているのではなく、特定のコンピューターで特定の演算処理を行うというのが一般的です。

それがサーバー&クライアントという新しいITシステムの時代になり徐々に変化していきます。企業には複数の業務アプリケーションがネットワークに接続され、各部門はそれにクライアント(パソコン)からアクセスし業務を遂行することが当たり前になりました。この頃からIT製品のコモディティ化が急速に進み、中小企業でもITシステムを構築する時代に突入します。

そこからさらにインターネットが普及し、消費者がスマートフォンを持つことが当たり前になり、クラウドコンピューティングがIT業界を台頭するようになったりと、日々IT技術が革新的に進歩しました。これによって原材料メーカーから部品メーカー、製造メーカーから卸業者、店舗から消費者といった大規模なサプライチェーンを全体的に管理するための基盤が整いました。

1980年代当時、先進的な経営手法概念だったサプライチェーンマネジメントに、ようやくIT技術が追い付いたたことでこれを実現しようというニーズが大きくなったのです。

2. デジタルの影響から消費者ニーズが多様化しその対応策として注目された

IT技術の革新的な進歩とインターネットやスマートフォンの普及は、市場に大きなインパクトを与えました。消費者はテレビCMや広告、雑誌等で製品情報を取得するだけでなく、インターネット検索を通じてあらゆる情報へアクセスできるようになり、情報流通環境が劇的に変化したことに伴って消費者ニーズが多様化していったのです。

そのため、旧来は少品種大量生産が当たり前だった製造業でも、多品種少量生産が主流の時代に代わり、さらには消費者1人1人のニーズに対応する“マスカスタマイゼーション”が強く求められる時代に突入しています。多品種少量生産やマスカスタマイゼーションは、単純に考えてもサプライチェーンにおける管理項目が劇的に増加します。

これによってサプライチェーンの起点からゴールまでの管理が複雑化し、より高度なサプライチェーンマネジメントによるサプライチェーンの最適化が叫ばれるようになりました。

この2つの大きなインパクトこそ、サプライチェーンマネジメントが重要視されるようになった背景だと考えられます。

サプライチェーンマネジメントの課題とは?

サプライチェーンの最適化のため、サプライチェーンマネジメントへの取り組みが重要性を増している中、すべての企業がその管理に成功しているわけではありません。サプライチェーンマネジメントにはそれを実現するにあたっての課題もあります。

1番大きな課題は「リアルタイムな情報収集」です。サプライチェーンマネジメントでは製品の流れを遮る障害物を排除したり、サプライヤー・製造メーカー・卸業者・配送業者・店舗の連携力を高めることも大切ですが、それ以上に情報流通のための基盤を整理して、リアルタイムに情報収集ができる環境を整えることが大切です。なぜなら、サプライチェーンを最適化するために情報は大きな役割を果たしており、需要予測から調達指示にいたるまで情報こそが潤滑油となっているからです。

そのため、サプライチェーンマネジメントに取り組んでも情報がスムーズに流れ、適切な情報が適切なタイミングで入手できるシステムを構築しないと、サプライチェーンの最適化は難しくなります。

サプライチェーンマネジメントにERPが活躍する

ERP(Enterprise Resource Planning)とは部門ごとに分断されていた業務アプリケーションを1つに統合したIT製品です。Oracle ERP CloudOracle NetSuiteなどでは、すべての業務アプリケーションは1つのデータベースで管理されるため、企業全体の情報を一元管理し情報活用型の経営が促進します。このERPをクラウドサービスとして提供している製品の場合、サプライヤーやその他のステークホルダー(利害関係者)とのシステム共有が容易になるため、サプライチェーンマネジメントを実現する鍵として注目されています。

サプライチェーンマネジメントに取り組みたい、そう考えるのならばERPの導入を同時に検討しましょう。

Oracle Supply Chain Management Cloud を活用して成功を収めた企業成果

RECENT POST「ERP」の最新記事


この記事が気に入ったらいいねしよう!
ERP(統合基幹業務システム)の導入を成功に導く10のステップ
New Call-to-action
NetSuite 10ユーザー分の価格と導入費用
New Call-to-action

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング

New Call-to-action