経営を最適化するサプライチェーンマネジメント(SCM)6つのポイント

 2016.10.31  クラウドERP編集部

グローバル標準のクラウドERP

例えば皆さんが現在使用しているPCやモバイルデバイスですが、皆さんの手元に届くまでに多くのプロセスを経由しています。原材料から部品への成形、それをメーカーが仕入れて在庫として保管、ラインで組み立て、梱包されて出荷、店頭に並びそしてようやく皆さんの手元に届くのです。

こうした仕入から製造、販売までの流れをサプライチェーン(供給連鎖)と呼び、これを最適化していくための経営手法をサプライチェーンマネジメントと呼びます。

今回はこのサプライチェーンマネジメントを最適化する上でのポイントについて紹介していきたいと思います。

サプライチェーンマネジメント最適化のカギはシステム化?

サプライチェーンマネジメントとは経営全体に関わるものでもあるので、ビジネスモデルの構想から計画業務(仕入管理、在庫管理、販売管理など)まであらゆる業務が密接に絡み、複雑な構造をしています。 

こうしたサプライチェーンマネジメントを最適化するためにまず考えたいのがサプライチェーンマネジメントのシステム化です。

仕入管理システムや在庫管理システム顧客管理システムといったサプライチェーンマネジメントに関わりのある業務をシステム化することはもちろん、最も重要なのは各システムで連携の取れた環境を整えることです。

なぜなら、サプライチェーンマネジメントとは仕入から販売、顧客管理マーケティングといった業務全体を効率化することで初めて実現するからです。

もちろん各システムが独立した環境でもサプライチェーンマネジメントを行っていくことはできますが、統合的な環境と比較するとやはり劣るのが現実です。「形から入る」というわけではありませんが、まずは統合的なシステム環境を検討することが大切でしょう。

情報の一元化が最適化を助ける

サプライチェーンマネジメントでは仕入から販売、マーケティングなどあらゆる業務が関わってくるため、各業務の情報を一元的に管理することが求められます。一元化により情報を都度分析しながらサプライチェーンマネジメントを最適化していくのがベストな方法と言えるでしょう。

NetSuite SuiteSuccess 新登場!!

こうした環境を整えるためにも、やはり統合的なシステム環境は重要です。

業務計画を怠らない

サプライチェーンマネジメントを最適化する上で大切なのは業務計画です。仕入計画、販売計画、在庫計画などの業務計画を怠らないこと、かつ全体の最適化を考えることで自然と効率的にサプライチェーンマネジメントを展開していくことができます。 

[SMART_CONTENT]

クラウドERPで作るサプライチェーンマネジメント基盤

クラウドERPというソリューションをご存知でしょうか?サプライチェーンマネジメントを実現する上で不可欠な"統合的システム環境”をクラウドサービスとして提供する注目のソリューションです。 クラウドERP「NetSuite(ネットスイート)」は、サプライチェーンマネジメント基盤として最適なソリューションです。

ビジネスプロセス全体を最適化できる

仕入管理システム、在庫管理システム、販売管理システム、顧客管理システム、営業支援システム、人事管理システム、マーケティング、Eコマースなどなど、経営上必要な良ステムは多岐に渡ります。NetSuiteはこうした基幹系システムを一気通貫で提供しており、かつ各システム間で連携が取れています。

従って仕入から販売や顧客管理など、組織のビジネスプロセス全体を最適化することができ、ひいてはサプライチェーンマネジメントの最適化にも繋がるのです。

リアルタイムなデータ分析基盤

サプライチェーンマネジメント最適化に必要なデータ分析ですが、NetSuiteでは各システムから生成されるデータをダッシュボードで常に可視化することが可能です。つまりリアルタイムにデータ分析を行っていくことができるので、スピーディな分析でサプライチェーンマネジメントを最適化していくことができます。

初期コストの削減

統合的なシステム環境をオンプレミスで整えるとなると、サーバ調達やネットワークの整備など莫大なコストがかかってしまいます。NetSuiteはクラウドサービスとして提供されているので必要なのはインターネット環境とPCのみです。それさえあれば統合的なシステム環境を導入することができます。

つまりは初期コストを大幅に削減することになり、環境整備におけるハードルを低くすることができるのです。

データシート:NetSuite 10ユーザー分の価格と導入費用

運用管理業務の効率化

通常クラウドERPではベンダーサイドでシステムの運用管理業務を行っているので、ユーザー企業としては関わる必要がありません。従って通常ならば大きな負担になる運用管理業務がないので、管理者の負担軽減やIT戦略へ注力することができます。

また、運用管理業務における人件費の削減にもなるので、ランニングコストがダウンするケースも少なくありません。

セキュリティ対策の強化

NetSuiteでは顧客データを預かるというビジネスモデルから、基本的に堅牢なセキュリティ対策を取っています。従ってクラウドERPで統合的なシステム環境を整えることで自然とセキュリティ対策にも繋がるということです。

特にサイバー攻撃が深刻化している現代では、企業のセキュリティ対策が追い付いていないという現状もあるので、クラウドERPを導入することでセキュリティ対策が強化されるケースがほとんどでしょう。

以上のように、クラウドERPではサプライチェーンマネジメント最適化の環境を整えるだけでなく、様々なメリットを提供しているのでサプライチェーンマネジメントに取り組む際は検討していおきたいソリューションの一つです。

データシート:NetSuiteデータセンターの概要

サプライチェーンマネジメントはシステムではなくあくまでヒトが行うもの

ここまでサプライチェーンマネジメントでは統合的なシステム化環境が大切と強く説明してきましたが、忘れてはいけないのが"システムを導入したいだけではサプライチェーンマネジメント最適化にはならない”ということです。つまりシステムはあくまで手段であり、それ自体がサプライチェーンマネジメント最適化になるわけではありません。

システムを利用するのもサプライチェーンマネジメント最適化の戦略を計画するのもつまるところヒトなのです。「統合的なシステム環境さえ整えば大丈夫」といった誤解をして、サプライチェーンマネジメント最適化に失敗してしまうケースは少なからずあります。

従って今後サプライチェーンマネジメント最適化を目指す企業では、計画を考えるのも意思決定を下すのもあくまでヒトだということを忘れないでください。

[RELATED_POSTS]

まとめ

いかがでしょうか?今回はサプライチェーンマネジメントを最適化するポイントについて紹介しました。まずは自社に合った形で最適化のための環境を整えていくことが大切です。

サプライマネジメントチェーンの最適化でぜひ、ビジネスプロセス全体を効率化して多くのメリットを享受してください。  

NetSuite SuiteSuccess

Oracle ERP Cloud とSAP S/4HANAとの比較 (英語)
Oracle NetSuiteで仕事が変わる!会社が変わる!

RELATED POST関連記事


RECENT POST「サプライチェーンマネジメント」の最新記事


経営を最適化するサプライチェーンマネジメント(SCM)6つのポイント
ERP(統合基幹業務システム)の導入を成功に導く10のステップ
New Call-to-action
New Call-to-action

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング

New Call-to-action