財務会計システムの役割とは

 2018.09.03  クラウドERP実践ポータル

企業の経済活動を根底から支えるITといえば“財務会計システム”です。この財務会計システムに、どういった機能が備わっているか、どの製品を採用するかによって会計業務の効率性が大きく変化します。

今回ご紹介するのは「財務会計システムの役割」です。経済活動においてなぜ財務会計システムが必要なのか?これを改めて理解することで、適切な財務会計システム導入を目指していただきたいと思います。

財務会計システムの機能は?形態は?

初めに、財務会計システムに備わっている機能について整理していきます。一般的な財務会計システムには次のような機能が備わっているでしょう。 

  1. 売掛金管理…売掛金の発生および消込などを管理する
  2. 買掛金管理…売掛金の発生および支払いなどの管理をする
  3. 請求管理…顧客ごとの請求情報を管理する
  4. 発注管理…顧客ごとの発注や全体の発注を管理する
  5. 受注管理…仕入先ごとの受注や全体の受注を管理する
  6. 経費管理…社全体の経費を管理する
  7. 総勘定管理…会計取引を記録、管理する
  8. 決算管理…決算に必要な情報を収集し決済業務を支援する
  9. 管理会計…経済活動を可視化するための機能を提供する

 

これらの機能はあくまで一般的なものであり、かつ大まかなカテゴリなので実際には無数の機能が集まって一つの財務会計システムを構成しています。次に、財務会計システムにはどういった提供形態があるかを確認しましょう。

クラウドサービス

クラウドサービスとはインターネット上で提供されるサービスの総称です。そのためクラウドサービスとして提供されている財務会計システムは、社内サーバーやパソコンへのインストール不要であり、月額費用さえ支払えば導入できるのが特徴です。

 パッケージ製品

ERPに関するお役立ち資料

ある程度作りこまれた財務会計システムをパッケージとして社内サーバーにインストールする製品です。クラウドサービスに比べて機能追加などのカスタマイズが自由であり。かつ大規模環境での適用も可能です。ただし、初期投資や運用費用が多大にかかります。

 オープンソース

商用利用としても無償でインストールできる財務会計システムをオープンソース(ソフトウェア)といいます。初期投資を抑えることは可能ですが、ベンダーサポートなどはないので社内に潤沢なITリソースがないと運用は難しいでしょう。

 PCソフトウェア製品

財務会計システムの中にはパソコンにインストールする簡易的なソフトウェア製品もあります。ただし、財務会計システムというよりは単なる会計システムに近く、高度な機能を備えていないことが多いでしょう。

財務会計システムの役割とは?

このように、財務会計システムには企業の経済活動を支えるための機能が多数備わっています。請求管理は企業利益を確保するために欠かせない活動ですし、管理会計によって企業の経済状況を素早く確認することも大切です。しかし、財務会計システムの役割としてそれ以上に大切なのが”決算管理”ではないでしょうか。 

そもそも、財務会計とは何でしょうか?それは外部ステークホルダーへ経営状況を可視化するための企業会計業務の一つです。外部ステークホルダーとは株主、取引先、仕入先、債権者(主に金融機関)といった、外部の利害関係者を指します。財務会計を行うことで、これらの外部ステークホルダーに自社に経営状況を伝え、外部ステークホルダーはその情報をもとに投資や取引を検討できるというわけです。 

つまり財務会計は企業会計業務の中でも、取引に直接影響するものと言ってよいでしょう。しかし、財務会計を実施するためには多くの手間と時間がかかります。そのため決算に必要なデータを迅速に供給できなかったり、データに間違いがあったりもするのです。 

このことから、財務会計システムにとって重要な役割とは「決算に対し必要なデータを、必要なタイミングで供給すること」でしょう。

優れた財務会計システム

財務会計システムの役割が「決算に対し必要なデータを、必要なタイミングで供給すること」ならば、これを実現するのが優れた財務会計システムと言えるでしょう。では、そうした財務会計システムは存在するのでしょうか?答えは「Yes」です。ただし財務会計システム単体としてではなく、ERPとして提供されていることが多いかと思います。 

ERPとは“Enterprise Resource Plannning”の略称です。これは1990年代に米国で誕生し、1990年代後半から2000年代にかけて日本での普及が進んだ、統合型の基幹システムです。ERPには財務会計システムをはじめ顧客管理システムは生産管理システム、物流管理システムなど様々なシステムが統合されています。そのため、経営に必要なシステムが一つのプラットフォームで揃えられ、かつすべての業務システムが親和性高く連携しています。 

なぜ優れた財務会計システムがERPとして提供されていることが多いかというと、それは各システムで生成されたデータを財務会計システムに集約し、その時必要なデータを素早く提示できることにあります。 

決算時には色々な種類のデータが必要になりますが、各システムからそれらを別々に収集するにはかなりの手間と時間がかかります。加えてシステムごとにデータフォーマットが異なると尚更時間はかかるでしょう。 

だからこそERPとして統合された財務会計システムがあると、各システムとの連携によって決済業務を非常にスムーズに進めることができるのです。

財務会計システムに強いオラクルのクラウドERP

財務会計はあらゆる企業に必要な仕組みです。さらに企業としてその正確性を対外的に担保しなければならないため、その仕組み選びは非常に重要です。業種を問わずビジネスがグローバルに展開されている現在、ERPの中でも効果的なのが”クラウドERP”です。これは、ERPをクラウドサービスとしてつなげることにより、世界中の拠点のデータをクラウド上に集約することが容易で、常に最新の情報の把握と分析をリアルタイムに可能にします。

オラクルでは、大規模組織や様々な業務システムをフルサポートするOracle ERP Cloudと、より成長企業やグローバルでの展開に向いているOracle NetSuiteの二つのクラウドERPサービスを提供しています。財務会計はもちろん、調達管理システム在庫管理システム生産管理システムなど業務システムとしての機能も提供しています。

その規模や目的、要件に応じて適切なクラウドERPをご選択ください。

まとめ

皆さんの企業にて、現在導入している財務会計システムはどういったものでしょうか?日本CFO協会の調査によれば、現在の会計システムに満足していないという経理責任者も多いようです。この機会に、財務会計システムに強いオラクルのクラウドERPをご検討ください。

会計ソフトからクラウドERPヘ移行する理由

RECENT POST「財務会計システム」の最新記事


この記事が気に入ったらいいねしよう!
ERP(統合基幹業務システム)の導入を成功に導く10のステップ
New Call-to-action
NetSuite 10ユーザー分の価格と導入費用
New Call-to-action

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング

New Call-to-action