成長企業が 大規模なライバル企業から学び、 追い越すための4つの秘訣 

 2019.11.14  経営者実践ポータル編集部

グローバル標準のクラウドERP

ほとんどの企業が、小規模であることに対する正当な理由を持っています。結局のところ、そのような企業は煩雑な手続きに邪魔されることなく自らの価値観に忠実であり続けながら、大企業よりもパーソナライズされた人間的な触れ合いを重視した質の高いサービスを提供できます。このような成長中の企業においても業務の規格を統一したりプロセスを自動化したり大企業から多くを学ぶこともできます。それらをうまく自社のビジネスに組み込めば、大企業よりも優れた業務プロセスを実践できるようになるかもしれません。

成長中の企業が大企業の戦略から学ぶことができる4つの領域を以下に紹介します。

4-tips-overtake-large-competitors

従業員管理の自動化

図1-4すべての企業の成功は従業員に依存しています。しかし、従業員のキャリア発展のための一貫した取り組みを保持している企業は少ないものです。従業員は比較的小さな組織の中でどのくらい進歩、成長できるか疑問に思ってもいるでしょう。それは企業による人材の保持というさらなる問題を抱えることにも繋がります。その一方で事業主にとって、人事管理は未だに「あるといいもの」という位置付けであり、差し迫った他の経営上の問題により常に押し下げられてしまうものです。

時間を節約しながらビジネスを実践する3つの方法
ビジネスで燃え尽きないためにあなたがすべきこと

成長中の企業は、ほぼすべての大企業が実践している人事業務の自動化を取り入れることで、スタッフの仕事への熱意を高めたり、リーダーの時間を無駄に使うのを防いでくれます。パフォーマンス評価にせよ熱意度調査にせよ、これらの定期的なアップデートは大企業がすばやく従業員の活力を確認し、新たな問題に手遅れになる前に取り組むのに役立っています。しかし、成長中の企業に、大企業のような大規模HRプラットフォームは必要ありません。定期的な月に一度のメール、または四半期毎のオンライン調査も、この有益なプロセスを自動化するのに役立ちます。もっとずっと小規模で経営している場合、これらの自動システムで問題が発覚した従業員と一対一で話す時間も設けるほうが簡単です。

クラウドベースのサプライチェーン

図2-3物理的商品を扱う成長中の企業は、定期的なサプライチェーン管理という面倒なタスクに直面します。これらを手作業で行っていた場合、在庫管理や配送業務を調整するときにミスが発生し顧客サービスに問題を抱えるのは当然といっていいでしょう。大企業は物流管理ソフトウェアを使ってサプライチェーンのあらゆる面をまとめています。そのようなソリューションは一般的に成長中の企業の予算をはるかに超えるものでした。

クラウドが物流の経済学を変えました。たとえばOracle NetSuiteのようなERPプラットフォームは、大企業が行っているような在庫管理、フルフィルメント、財務管理機能を提供しており、成長中の企業でも導入しやすいものになっています。また、これらのクラウドプラットフォームは、顧客向けの注文追跡から店舗マネージャー向けのオンデマンドの商品補充まで、さまざまな機能を成長企業にもたらします。また、業務拡大に向けて新市場へ進出する場合においてもクラウドの利点を活かして容易にスケールアップすることも可能です。このようなソリューションにより、大企業が実際に行っているような業務プロセスを実現しながら優位性を維持することが可能となります。

オムニチャネルコマース

図3-2多くの成長中の企業がすでにオンライン販売を行っているか、オンライン販売を検討中です。しかし、これら成長企業はサービスの規模にしばしばつまずくことがあります。Eコマースの領域に進出する大企業は一般的に複数の通貨、複数の支払方法、配送オプションへのサポートを伴って進出します。成長中の企業も、大企業と同じようにクラウドベースのサプライチェーンと、より多くの機能を実装するようなEコマースを実現できます。優れたオムニチャネル体験を提供するためにEコマースシステムとバンクエンドのERPとの連携を検討することが重要です。そして、バックのシステムも複数通貨への対応など同じ要件を求めるようにしましょう。

ビジネスプロセスの外部委託

図4-1ITサポートやさまざまなカスタマーサービスから人事、財務、マーケティングに至るまで、可能なものすべてを外部委託するのは長いことグローバル企業では一般的に採用されてきました。これはいつでもすべてをやろうとする創業者の傾向を振り払ってすべての成長中の企業が取り入れることのできるアプローチです。–大企業と同じ価格で委託する必要もありません。通常、バーチャルアシスタント、フリーランサー、その他の「臨時労働者」は必要な手助けを専門サービス会社よりもより妥当な価格で提供できます。また彼らはずっと柔軟でより人間的触れ合いのあるサービスを提供する傾向にあります。それは彼らもまた成長中のビジネスを経営しているからというのが主な理由です。

大企業と同じ戦略やテクノロジーをより小さな規模で取り入れることは、成長企業のストレスを減少させながら一流に引き上げるのに役立ちます。大企業の成功事例を観察することで、どんな秘訣を学びましたか?

ビジネスで燃え尽きないためにあなたがすべきこと

RELATED POST関連記事


RECENT POST「経営コラム」の最新記事


成長企業が 大規模なライバル企業から学び、 追い越すための4つの秘訣 
ビジネスと共に社内文化を育てる5つの方法

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング

New Call-to-action